世界のびっくりニュース

写真を撮ることに集中しすぎてしまっているカメラマンたちの写真50枚


「いい写真が撮りたい」、「こっちのほうがもっといいアングルだ」などと写真を取ることに集中していると、いつの間にか周りが見えなくなってしまうことがあると思います。そんな自分の世界に入ってしまい、傍から見ると「あらららら」って感じになっているカメラマンたちの写真の紹介です。一生懸命なカメラマンには大変申し訳ないのですが、ついついその姿に目がいってしまいます。

1. 安定度が非常に高い下半身

2. 予想より水深があった場合。カメラは濡らしません。

3. 即席帽子

4. こちらもなかなか気合が入っています

5. ヒップのラインが気になるお父さん

6. 安定しない船の上

7. プリっと

8. うしろ!!!

9. 頑張っています

10. 帽子と靴下は完璧なのですが、肝心の服が…。

11. 開脚

12. 近い

13. 目が…

14. 立ち上がった瞬間なのか、高度ながに股になっています。

15. 下からのアングルは重要

16. 被写体は何?

17. 命がけの牛追い祭り

18. みんなで寝転がればこわくない

19. すごい集中力

20. なんか大胆な方です

21. 撮影は戦いだ

22. かーちゃんーーー!!

23. 左足

24. エキストリーム・カメラマン

25. 枝が折れてしまう予感

26. ラリーカーがジャンプするポイント

27. とても綺麗な花なのでしょう

28. 足の痛みなんて些細なこと

29. プロ根性

30. 気合の入り方がすごい。膝パッドまで装備しています。

31. なんで?

32. ザ・集中

33. 危険過ぎる

34. これまた危険な予感

35. バランス感覚に自信がないと無理

36. 「よいしょ」っと。

37. ちょっと恥ずかしいです。

38. がんばります

39. 警察官も大変です

40. どうやって登った?

41. 従順な馬でよかった

42. 相当なカメラの腕前の持ち主

43. 二刀流

44. 土下座スタイル

45. シャッターチャンスは無限

46. 戦場な雰囲気

47. 気持ちはわかりますが……

48. 目のやり場に困っちゃう女性カメラマン

49. なりふりなんて構っていられないわ

50. 被写体が気になります。

写真を撮ることに集中しているときの自分自身の姿を想像すると、気をつけようかなと思います。

ソース:no-title

関連記事

時代を象徴する有名な写真とそのカメラマンたちのポートレート「Behind Photographs」 - DNA

1955年から2011年までの「世界報道写真コンテスト」大賞作品 - DNA

スミソニアン学術協会主催の写真コンテスト「9th Annual Photo Contest」の最終選考作品 - DNA

ホンモノのゴツゴツ感、軍用暗視レンズをつけたかっこ良すぎるニコン・D700 - DNA

エクストリームスポーツを撮影したエクストリームな写真16枚 - DNA

戦いは人の顔をどう変えてしまうのかが分かる写真集「Marked」 - DNA

まさに一球入魂、小さなボールに全神経を集中している卓球選手たち - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧