世界のびっくりニュース

荒々しいアルプスの山頂に突如出現する「スフィンクス展望台」


アルプスの険しい山頂に突如出現する建造物「スフィンクス展望台」の紹介です。標高3571メートルとヨーロッパで最も高いところにあり、周囲には、アルプス山脈最大のアレッチ氷河やヨーロッパ一標高の高い駅「ユングフラウヨッホ駅」があったりと、かなり過酷な場所に位置しています。

鉄道ファンならずとも、一度は乗ってみたいと憧れるスイス・アルプス登山鉄道「ユングフラウ鉄道」。その終着駅が海抜3454メートルにあるヨーロッパ一高い駅(海抜3454メートル)として有名なユングフラウヨッホ駅。そこからエレベータに乗っていけるのがスフィンクス展望台です。

まさに頂上に鎮座するスフィンクス展望台

エレベータ無しで登るのは、プロ以外無理そうです。

雪に埋もれてしまいそう

スノーボードで一気に滑ってみたい

スフィンクス展望台を一望できます

吹雪くとありえない情況になってしまうようです

秘密基地のような雰囲気

高度が高いため空の青さが半端ない。さすが展望台です。

内部からはアルプスの山々を一望できます。

ちなみに、スフィンクス展望台へエレベータでつながっているユングフラウ鉄道はこんな感じでトンネル内部に作られています。
ファイル:Bahnhof Jungfraujoch.jpg – Wikipedia

真っ白過ぎて何が何やら分かり難いですが、ここにスフィンクス展望台があります。地図を拡大・縮小するととんでもない所なのが一目瞭然です。

大きな地図で見る

ソース:The Sphinx Observatory ? Science at the Top of the World ~ Kuriositas

関連記事

地球最古の岩盤がそのまま残る、とても美しく神秘的なテーブル状の山「ロライマ」 - DNA

究極の宿泊、崖に杭を打ち込み吊るしたテントに泊まる「ポータレッジ」 - DNA

アンデス山脈に存在する世界で最も危険な道路「ユンガスの道」 - DNA

海抜2000mの山の中に48トンの大型トラックを運ぶシュールな方法 - DNA

絶景に向かってダイブ、世界の崖から飛び込むエクストリームスポーツ「Cliff Diving World Series」 - DNA

驚異的な光景で人を圧倒するフィヨルドの崖「プレーケストーレン」 - DNA

[閲覧注意]「死の山」エベレスト、高度8000mに放置された登山者達の遺体 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧