エンタメ

現役SEALs隊員も多数出演する「Act Of Valor」のメイキング動画が公開


いよいよアメリカで2012年2月24日から公開となるアクション映画「Act Of Valor」。アメリカ海軍特殊部隊「NAVY SEALs」をあらゆる細部まで徹底的に再現したというかなり異色のつくりの映画ですが、その制作風景の一部始終が公式サイトで公開されています。


17:22 2012/03/22 追記:
2012年3月13日、ギャガの配給によって6月22日から日本公開が決定しています。
ついに日本でも特殊部隊映画「Act Of Valor」公開が発表、6月22日からギャガ配給 – DNA

ストーリーがまた少し明らかに。「米国内に金属探知機で発見できない爆弾ベストが16個、アメリカに持ち込まれた……」ということで、無差別爆弾テロをいかに止めるか、というお話になるようです。

撮影には2年間を要しましたが、これは「実際に使っている機材の空きを待たないといけなかったため」とのこと。任務の合間をぬっての撮影だったようです

「空包よりも実弾のほうをたくさん使ってるぜ」

撮影に使われるデジタル一眼レフ。


こんな感じでばったり倒れるシーンが……

ハイスピード撮影でこんな風に。

俳優に加えて、多数の現役シールズ隊員が出演しています。以前取り上げた「ハリウッド式特殊部隊」の面々と比べてみると、予算の違いがどこに現れるのかが分かって面白いです。

フル装備で水泳、などの無茶も可能。本物なので。

普通の俳優だとこれはできませんからね……。

上体をぶらさず走るのも難しい。

再生は以下のリンク先から。好きな解像度でご覧ください。
Act of Valor – Movie Trailers – iTunes

ソース:Act of Valor – Movie Trailers – iTunes

関連記事

[字幕動画]ハリウッド式特殊部隊の作り方「Hollywood Boot Camp」Part1 - DNA

[字幕動画]ハリウッド式特殊部隊の作り方「Hollywood Boot Camp」Part2 - DNA

[字幕動画]ハリウッド式特殊部隊の作り方「Hollywood Boot Camp」Part3 - DNA

[字幕動画]ハリウッド式特殊部隊の作り方「Hollywood Boot Camp」Part4 - DNA

「トランスフォーマー3」驚愕の特撮技術、ビルとビルの間を生身で飛ぶシーンはどうやって合成した? - DNA

サーフィンを「バレットタイム」で撮影した時空のねじれを感じる動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧