アートとデザイン

現在でも美しく色鮮やかに残る1945年に閉鎖されたニューヨークの地下鉄駅「City Hall」


1904年にニューヨークで初めて開通した路線のターミナル駅として開業した「CityHall」駅。1945年に閉鎖されてしまうのですが、閉鎖されて60年以上も経過してもなお色鮮やかに美しい姿を残しています。

ニューヨークで初めての地下鉄路線は、1904年10月27日にマンハッタン・メイン・ラインと名付けられたCity Hall駅から145th Street駅間に開通しました。しかし、1945年12月31日をもって、乗客を使用する駅としては終了し、現在は車両切り替えを行う駅として利用されています。

City Hall駅の設計者は、スペインの建築家ラファエル・ グアスタビーノ。天井は、グアスタビーノ・タイルと呼ばれるタイル・アーチ・システムが採用されています。

タイルで作られた駅名「CITY HALL」

とても色鮮やかな天井

美しいアーチを描く天井


階段口


歴史を感じる線路

City Hall駅内部の様子がよくわかる動画です。
City Hall Subway Station – YouTube

ソース:New York City Hall Secret Subway Station | Pondly

関連記事

一目瞭然、世界42大都市の地下鉄網を同じスケールで並べて比べてみた - DNA

懐かしさとレトロ感がたまらない、1970〜80年代に活躍したマナーを訴えている東京の地下鉄ポスター27枚 - DNA

禁断の迷宮、ニューヨークの地下鉄トンネルを無許可でさまよい歩く動画「UNDERCITY」 - DNA

今晩から地下鉄に乗るのが恐ろしくなるクリエイティブなモノクロ写真15枚 - DNA

寂しさのあまり地下鉄に乗って家に帰ってきた賢すぎるラブラドール - DNA

未来の鉄道では列車から列車に「走りながら乗り替える」ようになるかもしれない - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧