世界のびっくりニュース

「店に来ないとこのジジイを殺す」サンタを人質にとったカフェのオーナーに非難の声


世界中でその存在が認知されている数少ない人物・サンタクロースは、北アメリカ航空宇宙防衛司令部に追跡されたり撃墜作戦が展開されたりとジョークのネタになることも多いのですが、さすがに人質にとってしまったのはマズかったのかもしれません。


イギリス西部の街、エクセターデヴォンでカフェを営むグレッグさんは、過激なスローガンのTシャツを着ていたり、スリが写った監視カメラの画像を勝手に公開したりと普段から周囲を騒がせている人物。今年のクリスマスに貼りだした「店に来い。さもないとこの年寄りの○○○が大変な目にあうぞ」というキャッチ入りのポスターがとうとう治安維持法に引っかかり、警察から指導が入りました。

左が指導前バージョン。右は手に持っているナイフのようなスパテラがクリスマスツリーになっており、文言も「ここで食事をすれば彼はほうっておいてやる!」と若干無難になっています。

過激な物言いをする人はそれなりに批判を浴びる覚悟が必要です。でも明らかにジョークと分かるようなポスターにケチをつけるのはどうなのでしょうか……。

ソース:‘Eat here or Santa gets it’: Cafe owner told to remove ‘offensive’ sign by police | Mail Online

人質の朗読会
人質の朗読会
posted with amazlet at 11.12.25
小川 洋子
中央公論新社
売り上げランキング: 25267

関連記事

アメリカ国土安全保障省はたとえサンタでも密入国者には容赦しないことが判明 - DNA

かなり奇妙な「サンタさんと一緒に写真を撮ろう!」キャンペーン - DNA

集団サンタクロース・コスプレ大会で目立つためのとっておきの方法 - DNA

お歳暮・クリスマスプレゼントに最適?猫をかわいくラッピングする方法 - DNA

カップのサイズが音名に対応、下着モデルを歌わせるシンセサイザーのFlash「The Cup Size Choir」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧