アートとデザイン

スピルバーグ映画の中の「顔のどアップ」シーンだけをマッシュアップした動画「The Spielberg Face」


スピルバーグ監督が用いる手法を1つ挙げるとすれば「表情のアップ」。ぐぐっと登場人物の顔にカメラを寄せて感情を強調するのは映画の黎明期からの手法ですが、スピルバーグ作品ではほんとに沢山使われています。


The Spielberg Face – YouTube

スピルバーグ作品には素晴らしい要素がたくさんありますが、中でも観客の心理の操り方は一級のもの。この手法も「顔」には人の心理がより強く現れやすいことをうまく利用しています。

特にたくさん見られるのは「未知との遭遇」。宇宙からやってきた存在を直接撮影するのではなく、それに相対した人の表情の変化を追いかけるシーンがたくさんありました。そちらのほうが観客により強く驚きが伝わるという判断なのですね。

関連記事

思わず元気が出てしまう「イッツ・ショータイム!」と叫ぶシーンだけ91連発 - DNA

「映画の中でその映画のタイトルを言うシーン」80連発動画 - DNA

さよならを言うのは難しい……映画の中の「電話を切るシーン」を集めた動画 - DNA

いろいろな映画をバーコード状になるまでギュッと圧縮したらこんな感じ - DNA

誰でも簡単に(ハリウッド式の)スーパーハッカーになれるスクリプト「Hacker Typer」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧