科学と技術

「あれ、鍵をどこに置いたっけ……」から永遠におさらばできるガジェット「The Finder」のコンセプトデザイン


車の鍵やテレビのリモコン、携帯電話などふとした瞬間に家の中で行方不明になってしまうものはたくさんありますが、それらを1発で見つけられるのがこのガジェット「The Finder」。流行のAR(拡張現実)を使って、失せ物のありかを表示してくれます。


なくしたくない物にあらかじめ、電波を使って呼びかけると応答するRFIDタグを貼っておきます。手持ちの端末が電波を発信すると、このタグが応答してその場所が表示されます。

なんだか今すぐにでもiPhoneやAndroidのアプリとして出てきそう。「今度部屋の片付けしよう……」と絶望しながら鍵を探す必要がない未来はすぐそこまで来ているようです。

ソース:Finder ? RFID Locator by Chu Wang, Qiujin Kou, Qian Yin & Yonghua Zhang ≫ Yanko Design

関連記事

とうとう「Will It Blend?」テストを突破した携帯電話が登場 - DNA

携帯電話を取り上げられた娘が父親を弓矢で撃ち「自分でなんとかしろ」と放置 - DNA

Appleのソーシャルネットワーク特許が示す「人と人との出会いの未来」 - DNA

1976年に特許を取得していた、どんなテレビにも使える汎用リモコンデバイス - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧