科学と技術

隠しカメラを発見するためのハイテク単眼鏡「SpyFinder Personal」


盗聴・盗撮の技術は日ごとに向上しており、素人ではなかなか見破れないようになってきているそうです。「自分のいる部屋に盗撮用カメラがしかけられている気がする……」という時に手軽にチェックできるのがこの「SpyFinder」。隠されたカメラを見つけやすくするハイテクな単眼鏡です。


「Spyfinder」は赤外線ストロボ付きの赤外線スコープ。肉眼では見えない赤外線のストロボを連続発光させて隠されたカメラのレンズに反射させ、それを手がかりとしてカメラを探します。レンズを直接探す仕組みなので、有線・無線などどんなカメラにも対応しています。

例えばこんな感じに使います。これは肉眼の画像。

Spyfinderで覗くとこんな感じに。ネクタイの結び目のところで、赤外線を反射したレンズが光っていますね。ストロボが光るのと同じタイミングでレンズも光るので、ちょうどレンズが点滅するように見えます。

男性からぬいぐるみを贈られた時など、ちょっと怪しい時は調べてみては。胴体の第2ボタンのところが光っています。

動画はこちらから。
Hidden camera detector – YouTube

鏡やガラス窓にも反射するのでオールマイティではありませんがこれだけ小さいとどこでも持っていけますね。購入はソースのリンク先から。価格は一つ99カナダドル(約7330円)。

こんな単純なのがほんとに使えるのかよ……とお思いの人は以下の動画をどうぞ。こちらを狙うスナイパーのスコープのレンズを探すシステムがまったく同じ原理を採用しております。
Torrey Pines Logic – Sniper Detection – YouTube

手っ取り早く試してみたい人は、赤外線ストロボと、トイザラスで買える安価な赤外線暗視スコープ「アイクロップス ナイトビジョン2.0」でも同じことができると思われます。

ソース:Wired or wireless hidden camera detector | Spytronic

関連記事

これぞリアル「スパイ大作戦」空港の超厳重なセキュリティを突破し飛行機に搭乗した男の、ものすごい変装テクニック - DNA

ノートパソコンの内蔵カメラで泥棒の顔を撮影・自動で持ち主に送信する罠ソフトが大活躍 - DNA

SSH接続でよく使われる「ユーザー名」と「パスワード」を収集し、1時間ごとにタグクラウドにして公開しているサイト - DNA

60m先から撮影した画像から鍵をコピーすることができるソフト「Sneakey」 - DNA

ソフトウェアのライセンスを違法共有サイトに1回アップすると77万4千651回コピーされる - DNA

誰でも簡単に(ハリウッド式の)スーパーハッカーになれるスクリプト「Hacker Typer」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧