世界のびっくりニュース

世界一危険な滑走路を持つスコットランドの空港「バラ空港」


世界でも類を見ないほどのエクストリームな滑走路を持ったスコットランドのバラ空港の紹介です。「看板立ててるからって『滑走路』って呼んでいいのかなぁ……」と思わずツッコんでしまうこと間違いありません。


砂浜を滑走路にしているのは、定期便がある空港では世界唯一とのこと。満潮時には滑走路は海面下に沈むので、離着陸の時間は潮の干満によって左右されます。

待機中の飛行機

飛行機に乗り込む乗客たち

離陸した瞬間。砂煙が上がっています。

着陸と言うよりも着水といった感じです。

仕事中の係員。ビーチで散歩しているわけではありません。

バラ空港の管制塔からみた風景

降りたらすぐビーチ、というのはなかなかいいかも。

手荷物受取所。普通だとコンベアで荷物が流れてくるアレです。

飛行場として使用されていないときのビーチは、潮干狩りをする人などがいてとても和やかな雰囲気です。

スコットランドの民族衣装キルトを着ている男性と飛行場

ビーチへ着陸態勢に入った小型飛行機。

「このビーチは飛行場なので気をつけてね」と注意を促す看板。

ビーチの上空を飛行している飛行機

バラ島の丘の上からの風景。

バラ島の一番大きな村の様子

バラ空港へ着離陸する様子がよくわかる動画です。

Googleマップでバラ空港をみるとこんな感じです。

大きな地図で見る

ソース:Barra's airport on the beach – in pictures | UK news | guardian.co.uk

ホントにある!!世界のビックリ空港探訪記
チャーリィ古庄
イカロス出版
売り上げランキング: 40508

関連記事

壊滅的被害を受けた仙台空港に強行着陸、資材の輸送に米空軍特殊作戦軍団が活躍 - DNA

狭い土地を活用しすぎているジブラルタル空港の交通システム - DNA

離着陸にイルミネーション、精密すぎて本物に見えてしまう世界最大の空港ジオラマ「Knuffingen Airport」の画像 - DNA

空港のX線スキャン検査官に「この検査は違法ですよ」と教えてあげられるTシャツ - DNA

これぞリアル「スパイ大作戦」空港の超厳重なセキュリティを突破し飛行機に搭乗した男の、ものすごい変装テクニック - DNA

[閲覧注意]麻薬を体内に隠して密輸しようとした男のX線写真がすごい - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧