アートとデザイン

[閲覧注意]38年間右腕を上げ続けているヒンドゥー教の苦行者・サドゥーの写真


あらゆる観念が消えた存在、サマーディを目指し苦行を続けるヒンドゥー教の修行者、サドゥー。その修行の一環として右手を頭の上に掲げ続けているMahant Amar Bharti Ji氏の写真です。1973年から現在まで38年もの間休まず続けているため、右の腕は細くなり、手は変形してしまっています。


インドの首都ニューデリーにて。

年月の経過により変形してしまっている右腕。

煙っているモノクロ写真

挨拶を受けるMahant Amar Bharti Ji氏
Omkars to Mahant Shri Amar Bharti Ji | Flickr – Photo Sharing!

サドゥーの写真を集めた動画です。現在、インドには約400〜500万人ものサドゥーがいるとされています。

ソース:Man keeps his arm raised for 38 years

サドゥ―小さなシヴァたち

関連記事

エラー率わずか0.00000625%、驚異のインド式昼食配達システム「ダッバーワーラー」 - DNA

インドの民族衣装で着飾った花嫁姿の美女写真18枚 - DNA

インドの街並みを美しく描いたバイクメーカー「Royal Enfield」のCM動画 - DNA

インド庶民の年に一度のお楽しみ「移動映画館」が村にやって来る - DNA

本物のクラシックバイクメーカー「Royal Enfield」が2車種のモデルチェンジを発表 - DNA

百花繚乱、いつかは訪れたいアジアの有名な寺院10選 - DNA

自分の土地を持たず今も世界中をさまよい続ける「ジプシー」たちの写真20枚 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧