科学と技術

究極のゴツゴツ感、ロシアの攻撃ヘリの画像いろいろ


滑らかな流線型でかたどられた戦闘機とはまったく反対に、ゴツゴツとしたデザインのものが多い攻撃ヘリ。中でも旧東側の攻撃ヘリはスマートさとは無縁の質実剛健っぷりがオーラを感じさせます。

Mi-24 ハインド

旧ソ連の戦闘ヘリの代名詞といっていい名物兵器。敵に攻撃を加えつつ兵士を運ぶという空飛ぶ装甲トラックというコンセプトで設計されました。1978年登場とかなり古い設計の機体ですが、現在でも様々な国で使われているベストセラー兵器です。


なにせ古い機体なので、塗装や装備がものすごくマチマチ。共食い整備もやっているようですね……。





奥側にあるのが原型になった輸送ヘリ、Mi-8ヒップ。これをシェイプアップしてゴテゴテと武装を乗せた物がMi-24となります。

西側のつるんとしたデザインにはない凶悪さ。

整備中。

うすーいローター。

とにかく古い機体なのですが基本設計のよさからたくさんバリエーションが作られています。こちらは徹底的にアップデートがはかられた南アフリカ産のMi-24/35 Mk.IIIスーパーハインド。機首の複合センサーが実にモダンです。

Ka-52 ホーカム

先代のKa-50が二重反転ローターや高度な暗視装置を採用した画期的な攻撃ヘリになるはずだったものの、1人乗りだったため不安に思った軍にウケなかったので2人乗りに改修したモデル。

戦闘ヘリは操縦と兵器の操作を2人で分担するものだというのが当時の常識でした。それでも2人を左右に並べるのはちょっと珍しい。さらに進化したKa-50-2などでは縦に並ぶ配置になっています。

ローターがなければ普通の飛行機のような形。実際「空対空ヘリコプター」として戦闘機と戦える性能をもっているそうです。




Mi-28 ハボック

Mi-24の正常進化形とも言うべき機体。兵員輸送能力をはずしたり、機体の上にまとまっていた2つのエンジンを左右に振り分けて耐弾性能を上げるなどモダンかつ堅実な設計が行なわれましたが「性能的にKa-50には勝てない」ということでいったん開発がストップします。

しかしKa-50が意外に不人気だったことから、再びMi-28にスポットライトがあたりました。兵器の世界ではトラディショナルなほうがウケがいいようです。

この鼻っ面のゴテゴテ感が攻撃ヘリの一番映えるところですね。

ものすごく分厚いドア。地上近くを比較的ゆっくり飛ぶので撃たれやすいことを考慮しています。



窮屈そう。

側面の機関砲。

整備中。

弾の行く先を目で追えるように光る弾と光らない弾を混ぜる。

地上を火の海にするロケットポッド。

一回撃つと詰め直すのがとても大変です。

空箱たくさん。

ソース:Наши вертолеты (86 фото) » Триникси – Вселенная Развлечений. Картинки, приколы, видео, флэш

関連記事

すさまじい量の荷物を運べる世界最大のヘリコプター「Mi-26」がロシアから派遣される - DNA

ついに真打ち登場、ウクライナの超巨大輸送機「アントノフ An-225ムリーヤ」が日本にやってくることが決定 - DNA

「ビンラディン殺害作戦」で謎の「ステルス・ヘリコプター」が使われた可能性が浮上 - DNA

滑るように低空を飛ぶ「ホバーバイク」にドンピシャな乗り物が開発中 - DNA

すさまじい嵐の中で軍艦に着陸してしまう凄腕ヘリコプターのムービー - DNA

ロシアで1941年の「赤の広場」での軍事パレードを再現 - DNA

まさに「飛ぶセグウェイ」1974年に実現していた1人乗り飛行機械「X-Jet」 - DNA

[閲覧注意]犬の頭脳に機械の体……ソ連が開発していた謎の「バイオロイド」の資料 - DNA

ビジネスは戦争だ、オフィス用「旧ソ連のプロパガンダ」風ポスター - DNA

旧ソ連製の試作レーザー砲戦車「1K17」のかっこよすぎる画像いろいろ - DNA

ロシア・キエフの「戦車の墓場」に積み上げられた冷戦時代の亡霊達 - DNA

「第9中隊」 – ロシア史上空前の規模でアフガニスタン紛争を描く戦争ドラマ - DNA

頼りになりすぎる男達、ロシア軍特殊部隊の画像いろいろ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧