アートとデザイン

「何やってくれてんだよ!」と子どもたちが両親に叫びたくなってしまう写真


子どもが大きくなって写真を見たときに「何やってくれてんだよ!」と思わず叫びたくなってしまうような写真の紹介です。親子の数だけ教育方針はあると思いますが、子どもには見つかりたくない写真です。

「I Love My Dauter」と書いてありますが…。もしかすると娘(daughter)のスペルミス?スペルミスでなくともちょと恥ずかしいかも。

セクシーなかーちゃんたち…。

これは息子が悪いですが、なぜ止めない。

ガンガンにラッパ飲み中のママ。

多分、ドアのところにいる息子はショックだと思います。

やる気が全く感じられないパパ。というよりも危険です。

個性的過ぎなポーズのママ。

食べたくなるほどかわいいのは分りますが、実際に調理してはいけません。

親の独特な趣味が垣間見えます。

赤ちゃんでキャッチボール。母親がいたら殺されそうな場面です。

えらくセクシーなかーちゃん。

この子はたくましく育つに違いない。

「苦しいです」と聞こえてきそう。

ボディーサイズと自転車のサイズが合っていない気がします。

洗濯物?

ソース:My Parent Is An Idiot « 2lolz.com

関連記事

こんなに違う、1960年と2010年の両親のしかり方 - DNA

子どもの頃にはこう見えていた、大人になって忘れてしまった世界の見え方画像13枚 - DNA

マウスを散歩させているほのぼのとした女の子の写真 - DNA

学力テスト珍プレー・好プレー・海外版 - DNA

「あなたの子供が何を見ているかしっていますか?」ポルノから子供を守るよう親に警告しているポスターが秀逸 - DNA

発想の転換!?「夕食には骨なしチキン」と銘打った画期的な広告 - DNA

決して完成させることができない、悪魔の組み立て説明書 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧