世界のびっくりニュース

100年以上の歴史を誇る「ツール・ド・フランス」の1930年代前半の写真


フランスを中心に周辺国などを舞台にして3300km前後、高低差2000m以上の起伏に富んだコースで戦う「世界最大の自転車レース」として知られる「ツール・ド・フランス」の1930年代前半の写真の紹介です。

1930年。伝説の名選手・アルフレッド・ビンダ

1936年。スペインのフェデリコ・エスケーラ選手。

1924年。コカインやクロロホルムなどをドーピング目的で使用していたことを打ち明けた、フランス出身の選手・アンリ・ペリシエ(Henri Pélissier)

1930年。フランス・ガリビエ峠でのフランス出身のベノワ・フォーレ(Benoit Faure)と同じくフランス出身のアンドレ・ルデュック(André Leducq)選手のデッドヒート。

壊れた自転車を担いで走る選手

1930年6月30日に発売された雑誌「VU」の表紙

1930年代に活躍したチャールズ・ペリシエ(Charles Pélissier)選手。

1934年。イタリア出身のジュゼッペ・マルターノ(Giuseppe Martano)選手。

1930年代のレースでUターンしているイングランド出身のフランク・サウスオール(Frank Southall)選手。

人間機関車の異名を取ったイタリアの名レーサー・レアルコ・グエッラ(Learco Guerra)選手。

1930年。ツールマレー峠を下っているフランス出身のアントナン・マーニュ(Antonin Magne)選手。

1931年。ツールマレー峠の頂上付近のJoseph Demuysére選手

1931年のファイナルステージ。アントナン・マーニュ(左)、チャールズ・ペリシエ(中央)、アンドレ・ルデュック(André Leducq)(右)。

ドイツ出身のカート・ストペル(Kurt Stöpel)選手。

1932年。ドイツ出身のオスカル・ティールバッハ(Oskar Thierbach)選手の自転車を修理中。

1932年のレース終了後の様子

チーム「オスカー・エッグ(Oscar Egg)」の集合写真

アクシデントが発生しています

自転車を担いで走る選手たち

ベルギー出身のジュリアン・バルベック(Julien Vervaecke)選手

フランス出身のアンドレ・ルデュック選手。

自転車を運ぶチャールズ・ペリシエ選手。

イタリア出身のレオニダス・フランスカレッリ(Leonida Frascarelli)選手。顔がひどいことになっています。

フランス出身のルイ・トゥルスリエ(Louis Trousselier)選手。

1913年、ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデン自転車競技場での事故

自転車を修理中の選手

1930年。アントナン・マーニュ選手。

1930年。ステージ15のレース風景

アンドレ・ルデュック選手。

1932年。トレーニン中の選手たち。

ソース:Tour de France In The Early 1930s: Pics, Videos, Links, News

関連記事

全速力でチリの街の狭い坂道を駆け下りる怖すぎる自転車レース「Valparaiso Cerro Abajo」 - DNA

自転車乗りが仕掛ける、男性ドライバーにとってとても危険なトラップ - DNA

アンデス山脈に存在する世界で最も危険な道路「ユンガスの道」 - DNA

新体操からアメフトまで、究極に最適化されたアスリートたちの体型をスポーツ種別に比較した写真 - DNA

どんな泥棒にも決して手が出せない、究極の自転車盗難対策ロック - DNA

「事実上」破壊不可能、チタンの板から作られた究極の自転車用ロック「TiGr Lock」 - DNA

ポーランド美女と自転車をモチーフにしたハイクオリティー写真サイト「bicyclegirls.pl」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧