世界のびっくりニュース

2011年7月9日に誕生した最新の国家「南スーダン共和国」を祝う人々


2011年7月9日にアフリカ・スーダン共和国から分離独立して誕生した新国家「南スーダン共和国」。アフリカ大陸54番目の国家、そして、2011年7月13日に国際連合への加盟が承認された193番目の加盟国となっています。その新国家スーダン共和国の独立を祝っている人々のたくさん写真です。

1821年にスダーンの北部をエジプト、1877年に南部をイギリスが占領しており、その後エジプトとイギリスによる共同統治を経て、北部と南部が統合され1956年にスーダン共和国として独立。しかし、北部に集中した南北の政治・経済格差、北部はイスラム教徒、南部はキリスト教徒が多く宗教の違い、そして、南部に油田が発見され、南北の対立が激化し内戦状態となり、住民投票によって独立した歴史があります。

頭全体が国旗の青年

国旗を振る人々



カウボーイハットがトレードマークの初代南スーダン共和国大統領サルバ・キール・マヤルディ(Salva Kiir Mayardit)

軍人さんたちも祝福しています

「南スーダンの父」と呼ばれるジョン・ガラン氏の銅像。反政府武装組織のスーダン人民解放軍を結成し、ヘリコプター墜落事後による死去まで議長と最高司令官を兼務した人です。

十字架を掲げています

独立仕様の楽器

すばらしい笑顔の女性たち

「WELCOME TO SOUTH SUDAN」と書かれたレッドカーペット

新国家の国旗のデザインをあしらったネクタイ

新首都・ジュバ郊外に集まる群衆

涙を流す人も

南スーダン共和国の新紙幣はこんな感じのようです

フォーマルな服装の人々

わずかにジャンプ

大きくジャンプ

バースデーケーキ

絶叫している男性

「アフリカで最も若い国へようこそ」

独特な雰囲気の集会

夜中も盛り上がっています


南スーダン共和国の首都・ジュバの位置はここ。南スーダン共和国は、北:スーダン、南:ケニア・ウガンダ・コンゴ民主共和国、西:中央アフリカの5カ国と国境を接しています。

大きな地図で見る

アルジャジーラが報じた、独立時の映像はこちらから。
‪South Sudan becomes world’s newest nation‬‏ – YouTube

ソース:South Sudan Celebrates Its Independence Day: Pics, Videos, Links, News

関連記事

100年以上前の北アフリカや中東のかなり貴重な女性写真 - DNA

50~60年代のフレンチ・ファッションに身を包む、コンゴ共和国の半端無くダンディーな紳士「サペー」たち - DNA

治安や経済が不安定なアフリカ北東部エリトリアの情勢を表している公共広告や看板 - DNA

北アフリカ・モロッコの風物詩、旧市街と衛星アンテナの組み合わせがすごい - DNA

豪華絢爛な民族衣装や化粧を身にまとったアフリカの王様や酋長の写真 - DNA

アントニ・ガウディも影響を受けたと言われる砂漠の民トゥアレグ族の都市「トンブクトゥ」の街並み - DNA

リビアの独裁者・カダフィ大佐専属、処女の女性のみで編成されている超エリート護衛隊「Amazonian Guard」 - DNA

南アフリカの元死刑囚たちのタトゥー写真集「Life After」 - DNA

サハラ砂漠以南の西アフリカに現存する独特な伝統衣装 - DNA

数千もの人々が30分間で湖の魚を根こそぎ取り尽くすドゴン族の神聖な儀式の大迫力映像 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧