世界のびっくりニュース

親鳥と姿形が全く違う、タマゴから生まれたばかりの鳥たちの写真


おなじみのコンドル、ペンギンや絶滅寸前の飛べない鳥・レアなど、いろいろな種類の鳥たちが、タマゴを割って出てきたばかりの写真です。親そっくりの姿形をしているものもあれば、似ても似つかないものもあるのが面白いです。

ケープペンギン(African penguin)

アフリカ・ナミビア南部から南アフリカ沿岸部を繁殖地をもち、一年中産卵を行うケープペンギン。

ふわふわの産毛に覆われています。

成鳥。ペンギンの赤ちゃんはとにかくかわいいです。

トキイロコンドル(King vulture)

中南米の熱帯雨林やサバンナ等に生息しているトキイロコンドル。ネイティブアメリカンの間では芸術品のモチーフとれされていた。

全長80cmくらいに成長することもあり、足がとても大きいですね。

成鳥。巨大な羽、鋭い目、赤い顔とすっかり変わってしまっています。

シロエリハゲワシ(Griffin vulture)

南ヨーロッパ、北アフリカ、アジアと広範囲に生息しているタカ目タカ科のシロエリハゲワシ。

とても眠そうな目ですが、成長すると鋭い目付きに。

成鳥。くちばしに面影はありますが、とても凛々しく成長します。しかし、なぜハゲワシなのか?

エボシドリ(Ross’s Turaco African bird)

アフリカ南部の密林に生息しているエボシドリ。

大きな目がステキ

成鳥。髪型?が大変なことに成長するようです。

ダーウィン・レア(Darwins Rhea bird)

南米のパタゴニアやアンデス高原のひらけた草原地帯に生息している、絶滅寸前の飛べない鳥・ダーウィン・レア。

かわいらしい姿をしていますが、約1mの背丈、時速は60kmで走れるように成長します。

成鳥。ほぼ完成形で生まれてくるようですね。

Southern Cararcas

ソース:Me and my egg: Chicks come out of their shells and pose next to their former homes | Mail Online

関連記事

奥深く、そして美しい自然の芸術「鳥の巣」の写真24枚 - DNA

[閲覧注意]あまりの寒さに生きていた時そのままの状態で凍りついてしまった野生動物の写真いろいろ - DNA

空中で静止・映像送信が可能な体長わずか16cmのハチドリ型偵察ロボット - DNA

不思議なポーズで眠りに落ちてしまうガチョウの赤ちゃんの動画 - DNA

高画質なHDR(ハイ・ダイナミック・レンジ)加工された動物の写真 - DNA

世界初の科学動物園「ロンドン動物園」の貴重な白黒写真いろいろ - DNA

動物園で飼われていたウォンバット、お客さんのナデナデが足らず「うつ病」と診断される - DNA

百獣の王からワニまで、いろいろな動物を乗りこなしちゃってる人たちの写真 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧