エンタメ

盗用?リサイクル?「トランスフォーマー3」に過去の映画と同じシーンがあった


アメリカでは6月29日から公開され、2011年度のオープニングデイ興収記録を更新したアクションSF映画「トランスフォーマー3」ですが、実は過去に撮影された映画からシーンを使い回していることが明らかになりました。


今回、使い回しが指摘されたのはこちらの動画のシーン。ワーナー・ブラザーズ配給の「アイランド(2005)」と似たシーンが登場します。
YouTube – ‪Transformers 3 scene from The Island‬‏

マイケル・ベイ監督はこの手のシーンの使い回しで予算を削るのが得意なようで、過去にも同じように流用しています。こちらはブエナ・ビスタ配給の「パール・ハーバー(2001)」とパラマウント配給の「トランスフォーマー(2007)」
YouTube – ‪Michael Bay Uses Same Footage In Pearl Harbor and Transformers‬‏

こうしたフィルムの流用は「バンクシステム」と呼ばれ、特に珍しいものではありません。戦争映画ではニュースや軍の記録映像が流用されますし、特撮の変身シーンなどもその1種。サントラの流用もよく行なわれていますね。

また、予告編にハクをつけるため、本編には存在しない派手なアクションシーンをつなげるということもよくあるテクニック。こちらはコロンビア配給の「ゴーストライダー(2007)」からソニーピクチャーズ配給の「ザ・インターナショナル(2009)」に流用された例。

LOL: The International Steals Shot from Ghost Rider | /Film

流用できる部分は流用して予算を浮かせるのは高額なCG合成シーンがたくさん出てくる最近のアクション映画では必須のテクニックですが、ちょっと心配なのは「ちゃんと3Dになっているのかな?」という点。「アイランド」は3D上映はしていなかったはずなので、流用した部分がきちんと飛び出すかどうかが見所になるのかもしれませんね。

関連記事

iPhone4にそっくりなAndroidフォンの決定版「GooApple」が登場 - DNA

パクリ疑惑のある中国車とオリジナルと思われる自動車との比較画像 - DNA

「俺らのネタパクんな」海外版「2ちゃんねる」ユーザーがTumblrブログのユーザーに宣戦布告、大規模襲撃の可能性 - DNA

ソフトウェアのライセンスを違法共有サイトに1回アップすると77万4千651回コピーされる - DNA

2010年「最も不正ダウンロードされた映画」は「最も儲かった映画」であったことが判明 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧