アートとデザイン

辺りの空間を不安と禍々しさで包んでしまうかのようなアート「Aggregation」


コンクリートの塊のようにも枯れた木の枝にも見えてくる不思議な芸術作品がこの「Aggregation(集約)」廃墟に漂うようなちょっとした禍々しさと寂しさが、周りの空間の不安さをかき立てるかのようです。


「Aggregation(集約)」は錆びた金属の集まりのような外見の作品。

正体はこのように、スタイロフォームの小さな立体を韓国の古い書き付けでくるんだ物。

伝統的な紙の書き付けと近代的な多面体を組み合わせたものになります。

作者曰く「現代社会のあり方と環境破壊に対する怒りを表現した」とのこと。

不気味な存在感。

立体をひとつひとつ染めた彩色作品もあります。

作者は韓国出身のChun Kwang氏。フィラデルフィア大学で芸術学修士を取得し、アメリカを中心に世界各地で活動してます。以下の公式サイトでは他の作品も見ることができます。

ソース:Chun Kwang Young Art Center

Chun Kwang Young: Injecting color in arid landscapes – The New York Times

関連記事

廃墟となって静かに時を刻むニューヨークの古い劇場「キングス・シアター」 - DNA

サンフランシスコ沖に浮かぶ「幽霊艦隊」の写真いろいろ - DNA

ロシア・キエフの「戦車の墓場」に積み上げられた冷戦時代の亡霊達 - DNA

禁断の迷宮、ニューヨークの地下鉄トンネルを無許可でさまよい歩く動画「UNDERCITY」 - DNA

[閲覧注意]「死の山」エベレスト、高度8000mに放置された登山者達の遺体 - DNA

史上最も頑丈なゴミ捨て場、核廃棄物処理施設の建築工事を追うドキュメンタリー「Into Eternity」予告編動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧