世界のびっくりニュース

古い電話ボックスをユニバーサルなアクセスポイントとして再利用する方法


街中の公衆電話ボックスが少なくなってしまったため、携帯電話の電池が切れた時などはとても困ってしまうわけですが、実はとても簡単な方法で電話ボックスを近代化することが可能です。


40年ほど前のイギリスの電話ボックス。

そう、電話のかわりにiPad2を備え付ければSkypeだろうとメールだろうと可能になるわけです。

自分のアカウントでログインして国際電話でもなんでも利用可能。

カメラがついているのでビデオ通話だって大丈夫。

これはアメリカ・ペンリスバニア州のワシントン・ジェファーソンカレッジ言語リソースセンターに備え付けてあるもの。外国語演習の時などに使われているようです。

このまま街中に立ててしまうと課金や盗難など問題がありすぎるのですが、電池の切れやすいスマートフォン時代には便利に思う人も多いのでは。ボックスごとに無線LANのアクセスポイントをたててもらえばモバイル派も満足です。

ソース:Language Lab Skype Booth – Michael Shaughnessy – Picasa ウェブ アルバム

関連記事

まさにAmazonの「戦略兵器」、維持費無料の3G回線でやりたい放題できる「Kindle 3G+Wi-Fi」ハードウェアレビュー - DNA

タブレットに完全対応、HTML5で書かれたAP通信のサイトのインターフェイスがかっこいい - DNA

ドコモ回線で利用できる「SIMフリー版 iPhone 4」などのスマートフォン本体と日本通信のSIMカードがセット販売へ - DNA

「デスグリップ」再来、iPhoneのアンテナ問題は「CDMA版」でも改善していなかったことが発覚 - DNA

カシオ、G-SHOCKブランドでBluetoothでスマートフォンと連携する次世代型腕時計「GB-6900」をBASELWORLD 2011で発表 - DNA

iPhone経由でWi-Fi iPadでもネットサーフィンが楽しめるようになる「非テザリング」アプリ「CoBrowser」 - DNA

懐かしさ満点、80~90年代のレトロな携帯電話のコマーシャル10選 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧