ネット・PC

ネット百科事典Wikipedia「NPOにサーバーあげます」


小さなNPOにとってインターネットによるプロモーションはまさに革命的な効果がある宣伝方法ですが、インフラにかかるお金というのはバカになりません。サーバー運用の知識はあるけどサーバー代がかけられないというNPOのため、ネット百科事典Wikipediaを運営するWikimedia財団が、古くなって交換するサーバーを提供しています。


サーバーの提供を受けられるのは、アメリカ国内に住む登録された非営利団体、ないしはWikimedia財団のプロジェクトに関連する非営利プロジェクト。というわけで日本からの応募はちょっとできないのですが面白い試みです。

提供されるサーバーは2.5GHzのデュアルコアCPUに3GBから24GBのメモリ、80GBから250GBのHDDを搭載したもの。3年くらい前のスペックですが、ものすごいアクセスでも無い限り十分乗り切れるスペックではないでしょうか。

また、応募の際には「どんなプロジェクトに使われるか」を明記することとあり、これは発表されるとのこと。つまりサーバーの提供を受けた上で、Wikimedia上で宣伝もしてもらえるということで、知名度を上げたいNPOにとっても、リサイクルの効率を上げたいWikimedia財団にとっても、両方にメリットのある取引となっています。

ソース:Wikimedia blog » Blog Archive » Server Decommission Donations

関連記事

捨てライオンや捨てタイガーを保護するNPOがまとめた「眠るネコ科達」総集編 - DNA

デンマークの1人乗りロケット「ティコ・ブラーエ」、打ち上げ試験に成功 - DNA

15万ドルで人工衛星を買い取って無料インターネット接続の提供を目指すプロジェクト「Buy This Satellite」 - DNA

難病をおしてオープンソースコミュニティに貢献し続けた男に絶賛の声 - DNA

「デトロイトにロボコップの銅像を!」運動に約480万円の募金集まる - DNA

語られない「震災」-復興を支援する「ヤクザ」達の存在を海外メディアが報道 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧