アートとデザイン

宮崎駿のアニメ映画の世界をミニマルなレゴで再現したモデルいろいろ


世界的に有名なアニメ映画の監督、宮崎駿氏のご尊顔から始まり、往年の名作のキャラクターなどを、なるべく少ないブロックで再現したモデルです。でこぼこしていても名前が浮かんでくるあたり、原作の有名さはすごいものがありますね。


崖の上のポニョ

天空の城ラピュタ

積層構造になっております。

主人公達とロボット。お墓のシーンですね。

もののけ姫。なんとなく下ぶくれな感じ。

木の精・コダマ

千と千尋の神隠し

風の谷のナウシカ

王蟲とその周りを舞うメーヴェ

魔女の宅急便

となりのトトロ

これはミニマルですね……ねこバス

スタジオジブリ最新作「コクリコ坂から」は企画・脚本宮崎駿、監督宮崎吾朗で2011年7月16日からロードショーです。

ソース:Hayao Miyazaki’s Films As LEGOs: Pics, Videos, Links, News

関連記事

宮崎駿の描く「戦争」漫画、「宮崎駿の妄想ノート『泥まみれの虎』」 - DNA

[閲覧注意]カラフルなレゴでここまで生々しくグロい作品ができる「It’s not easy being green…」 - DNA

レゴがあればなんでもできる!こんなものまでレゴで作れるのかと思ってしまうようなマシーンの動画いろいろ - DNA

レゴで作られたなんとなくユーモラスな表情の人体模型 - DNA

レゴで作ったほんとに写せる8mm映写機 - DNA

「なんだ……アニメのOPってみんな同じじゃん」という検証動画が海外サイトで話題に - DNA

アメリカのご長寿アニメ「ザ・シンプソンズ」の何ともイキな「誤字のお詫び」 - DNA

小さな子ども達にアニメやゲームのコスプレをさせるとこうなる - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧