科学と技術

デンマークの1人乗りロケット「ティコ・ブラーエ」、打ち上げ試験に成功


デンマークの宇宙ロケットNPO「Copenhagen Suborbitals」が開発を進めていた1人乗り宇宙機「ティコ・ブラーエ」とロケットエンジン「HEAT-X1」が打ち上げに成功しました。


Copenhagen Suborbitalsは「国家機関や大企業でなくとも宇宙飛行は可能である」というテーマを世に広げるべく活動しているNPO。実験ではパラシュートの展開に問題が出たものの、見事に打ち上げ・回収に成功しました。

YouTube – Copenhagen Suborbitals liftoff of HEAT-X1. Launch success.

こちらがティコ・ブラーエ号。1人乗りの宇宙機です。船体にコルクを用いるなど極限まで軽量化されており、小型のロケットでも十分な高度まで飛べるように設計されています。

寝っ転がって乗る仕組み。ものすごくいい眺めだと思われます。今回はダミー人形でテストが行なわれました。

パイロット視点からの動画はこちらから。
YouTube – HEAT X-1 liftoff with pilot point of view from Tycho Brahe craft.

船体の構造などちょっと頼りないので大気圏再突入が必要な高度には到達できないのですが、行って戻ってくるだけの弾道飛行ならなんとかなりそう。これで海外出張する日が楽しみですね。

ソース:First test of Danish personal rocket is successful, mostly | DVICE

関連記事

宇宙ファン必見、NASAのエンジニアによる解説付き「ザ・ベスト・オブ・シャトル打ち上げ」動画 - DNA

スペースシャトルと国際宇宙ステーションのドッキングを地上からとらえたすごい動画と写真 - DNA

国際宇宙ステーションで暮らすロシアな人の日々をつづる画像いろいろ - DNA

世界初の有人宇宙飛行に成功した「ヴォストーク宇宙船」の同型機がオークションへ - DNA

地球から見ることが出来ない、国際宇宙ステーションから撮影された地球の景色 - DNA

千里の道も一歩から、「NASA」の宇宙基地の成長を写真で見る - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧