ネット・PC

ありとあらゆる場所でアイロンを掛けるエクストリームスポーツ「エクストリーム・アイロン掛け」


ある時は戦場で、またある時は深い海の底で、人間が行けるところならどこにでも行って、ただアイロンを掛けるのが「エクストリーム・アイロン掛け」。イギリス人のフィル・ショウ(Phil Shaw)氏が自宅の裏庭で行ったことに起源を持ち、世界大会が開かれ様々な世界記録も存在するスポーツです。


断崖絶壁の最先端でアイロン掛け

民間軍事会社のみなさん

空中にて

感電が心配です

両手技

この場所を見つけたことがすごい

アスリートによるアイロンがけ

海上にて

柔道場で戦いの中でも関係ない

本当に大変なアイロン掛け

人間アイロン台

南極点にて

タイミングを合わせないとアイロンが掛からない

フォーマルなアイロン掛け

ラフティング中にもアイロンがけをやらずにはいられない

深海にて

見張り中にて

まさにエクストリームスポーツ

富士山にて

日本支部も存在しているようです。
エクストリームアイロニングジャパン

ソース:Extreme Ironing | Dumage

関連記事

思いっきりターゲットを主婦に絞り込んだマウスのコンセプトデザイン - DNA

これが枕投げ合戦の切り札「とげとげメイス枕」だ - DNA

やっぱりキツかったんだ……大事な式典中に貧血で倒れてしまった兵隊さん達の画像 - DNA

厳しい戦場の中でもとても楽しそうな世界の兵隊さんたち - DNA

ストイックな「エクストリームひとり旅」を楽しむのに絶対必要なアイテムはこれだ - DNA

まさに一球入魂、小さなボールに全神経を集中している卓球選手たち - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧