世界のびっくりニュース

[閲覧注意]犯人がショットガンで自分の頭を撃ち抜く瞬間を警察ヘリの赤外線カメラが捉えていた


警察のヘリコプターには夜でも犯人を追跡できるよう、人体から発する熱を感知する赤外線カメラが装備されています。これは犯人を追い詰めたところ、ショットガンを口にくわえて自殺してしまったという動画。白く光るもの、つまり熱をもつ何かが飛び散る様子が生々しく写っていました。色はついていませんが閲覧には注意してください。


2007 San Diego police chase and suicide on Flir camera – YouTube

警察のみなさんは常にこういう現場を見ているわけですね……頭が下がる思いです。

関連記事

自爆テロ犯、トリガーの携帯電話がスパムメールで誤動作して爆死 - DNA

モスクを潜入捜査していたFBIのスパイ「話が過激すぎる」と通報される - DNA

最も逮捕されてはいけない瞬間に逮捕されるとこうなる - DNA

逮捕時に服を着ていなかったためにトップレスのマグショットを撮られてしまった10人の女性 - DNA

住宅街に現われた海賊、電撃が効かなかったためやむなく銃で撃って逮捕 - DNA

エクササイズ用ボールを切り裂くことに性的興奮を覚える男が逮捕される - DNA

笑ってしまうくらい火薬多すぎ・危険過ぎなロシア警察SWATの突入訓練 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧