科学と技術

山中の電波中継局のアンテナを不調にさせたある「大自然の驚異」


電話やテレビの電波を遠くに伝えるための中継局は、見通しをよくするために山の上など人里離れたところによく建てられます。なので時には考えもつかないような理由で故障することがあるのです。


問題はこのアンテナを覆っているカバー

修理の人がカバーを開けてみると中にはなんと……

























ザーッ。えーっ……。

なんと約130kgものドングリが中に入っていたのです。

これはあたりに住むキツツキのイタズラ。キツツキの中にはドングリを集める習性がある種がいますが、どうもアンテナのカバーの中に貯蔵していた様子、それにしても130kgとは……すごい物ですね。

動画はこちらから。
Squirrel fills Antenna with Acorns – YouTube

関連記事

イギリスの駅で切符の自動販売機を故障させた意外なモノ - DNA

「そこは君用じゃないんだけどなぁ……」という動物がペット用ドアから入ってきた - DNA

[閲覧注意]あまりの寒さに生きていた時そのままの状態で凍りついてしまった野生動物の写真いろいろ - DNA

頭のいいライオンは相手の弱点を一発で見抜くことができる - DNA

ライオン15匹が食べている肉を男3人で奪いに行く方法・サバンナ編 - DNA

ディズニー映画のワンシーンとリアルな野生動物の世界を比較した画像 - DNA

百獣の王からワニまで、いろいろな動物を乗りこなしちゃってる人たちの写真 - DNA

世界初の科学動物園「ロンドン動物園」の貴重な白黒写真いろいろ - DNA

水族館で小さな子どもと遊んであげているかしこいカワウソの動画 - DNA

ほぼ忍者、ヒマラヤに住むヤギが空を飛ぶように山を駆け抜ける動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧