世界のびっくりニュース

巨大な氷山に襲われたかのようにガチガチに凍りついてしまったシベリアの水力発電所


高さ242メートルという、重力式アーチダムとして世界一の高さをもっているロシア・サヤノシュシェンスカヤダム発電所。2009年8月17日に、老朽化した送水管が破裂し大量の水が機械室に流れ込み、74名とも言われる死者を出す大事故を起こしました。これは冬に撮影された復旧の様子です。まさに自然との闘いです。


















ソース:Frozen Power Plant | Stella’s Magazine

関連記事

原型がわからないほどガチガチに凍りついてしまった灯台 - DNA

[閲覧注意]あまりの寒さに生きていた時そのままの状態で凍りついてしまった野生動物の写真いろいろ - DNA

[閲覧注意]「死の山」エベレスト、高度8000mに放置された登山者達の遺体 - DNA

マイナス30度の世界でシャボン玉が空中で凍ってしまう動画 - DNA

北極や南極など極地の信じられないほど美しい氷山や氷河の写真いろいろ - DNA

巨大な氷山を海中から撮影した幻想的な写真15枚 - DNA

蛇口からポタポタと落ちる水滴がものすごい氷の彫刻を作り出した - DNA

凍った沼の上で立ち往生した小牛をヘリコプターを使って助ける意外な方法 - DNA

本土最南端の地で練乳たっぷりの甘いカキ氷「しろくま」を食べてみた - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧