世界のびっくりニュース

香港航空の女性客室乗務員、酔っ払いの客が増えすぎたのでカンフーが必修に


電車やバスと違い、お客を途中で降ろすことができないのが飛行機の難点。何があってもお客を降ろすまではつきあい続ける必要があるわけですが、香港航空では酔っ払いの客とのトラブルが増えたことをうけて、女性客室乗務員にカンフーの習得を義務づけました。


流派はブルース・リーも学び、後のジークンドーの基礎ともなった詠春拳。コンパクトな動きが特徴なため、狭い航空機内で使うのにぴったりの流派となっています。

香港航空では他にも、人身売買の兆候を見つける訓練などを客室乗務員に施しているとのこと。なんだか警察の訓練みたいになってきました。大変なお仕事だと思います。








ところでトレーニングを制服で行なうのは実戦を想定してのことなのでしょうか。

訓練の動画。まだちょっとぎこちないですね。
YouTube – Raw Video : HK Cabin Crew Train in Martial Arts

「香港航空の乗務員はカンフーの訓練を受けています」というお知らせをきれいにまとめたCM。柔らかいイメージになってこっちのほうがいいかも。
YouTube – Wing Chun for Hong Kong Airlines Flight Attendants

ソース:Hong Kong Airlines teaches kung fu to cabin staff | Mail Online

関連記事

[字幕動画]ちょっとハイテンション過ぎるエア・ニュージーランドの機内安全確認ビデオ - DNA

「女の飛ばす飛行機に乗れるか!」男性のクレームで定期便の離陸が遅れる - DNA

空港のX線スキャン検査官に「この検査は違法ですよ」と教えてあげられるTシャツ - DNA

これぞリアル「スパイ大作戦」空港の超厳重なセキュリティを突破し飛行機に搭乗した男の、ものすごい変装テクニック - DNA

強くなれそうな気になってしまうクリエイティブな空手教室の看板 - DNA

リビアの独裁者・カダフィ大佐専属、処女の女性のみで編成されている超エリート護衛隊「Amazonian Guard」 - DNA

影絵と剣舞がステージ上で融合したダイナミックな活劇「龍と牡丹」 - DNA

少林寺の僧侶が投針術でガラスをぶち破るところをハイスピード撮影で捉えた動画 - DNA

ある東欧のエアラインパイロットのありふれた1日 - DNA

離着陸にイルミネーション、精密すぎて本物に見えてしまう世界最大の空港ジオラマ「Knuffingen Airport」の画像 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧