アートとデザイン

びしっ!とキレイに分かれているアメリカ・メキシコ国境の写真25枚


アメリカとメキシコの国境は西から東まで3141kmと長大なもの。海や山、砂漠に街といった様々な風景が現われます。


アメリカとメキシコの国境は、世界で最も頻繁に横断される国境と言われており毎年のべ3億5000万人が国境を越えています。また、生活水準の違いによりメキシコ側から毎年100万人以上の人々がアメリカ側に不法入国しているといわれています。

1.太平洋の国境。海中まで柵があります。

2.国境を境に街の発展度がかなり違います。多くの人が勘違いするのですが、これは右側がメキシコ。

3.メキシコ国境の町・ティファナから見たアメリカ。写真右側のメキシコのティファナは人口約140万人を擁する巨大都市です。

4.山の中にも国境はあります

5.アメリカのビーチから見た国境

6.メキシコ側から見た国境

7.アメリカ・アリゾナ州南部から見た国境

8.メキシコ側から見た国境

9.アリゾナ州の国境の町・ノガレスから見た景色。右側がメキシコ

10.右側がメキシコ

11.ピンク色の大きな家が印象的です。何か目立たないと行けない理由が必要なのでしょうか。

12.アメリカ側をトレッキングしている人々

13.補強している国境の壁。アメリカ側にはたくさんの車があります。

14.雄大な自然

15.空から見た国境。左側がメキシコです。

16.メキシコから見た国境

17.住宅街にも国境はあります。右側がメキシコです。

18.メキシコ側にある注意書き

19.アリゾナ州の国境の町・ノガレスから見た景色。国境近くは、メキシコ側から石などが投げられてくるため危険とのこと。

20.アメリカから、メキシコの一般家庭の庭を見ることが出来ます

21.メキシコで運転中

22.鉄格子のような国境

23.アメリカからメキシコを覗いた写真

24.メキシコ国境・ティファナは、ギリギリまで都市化しています。

25.綺麗な風景

メキシコからアメリカに移民したり労働力を提供したりする都合上、メキシコの国境沿いの街に人が集まりやすく「逆転」が起こっている写真も何枚かありました。もっとも麻薬密輸の中継基地になっている面もあり、当局は頭を悩ませているようです。

これは国境の壁を越えて麻薬を運ぶため、メキシコ側に設置された投石機。こんなものまで取り締まらなければいけないのは大変ですね。
YouTube – Drug catapult discovered on border | TucsonSentinel.com

ソース:25 Pictures Of The United States-Mexico Border: Pics, Videos, Links, News

関連記事

世界25の国や地域の1週間で食べる食料とその家族を比較した写真 – DNA

世界25大都市の昔と今を並べて比べた写真いろいろ – DNA

たった2人の使用者どうしの仲が悪いためにメキシコの「アヤパネコ語」が絶滅の危機 – DNA

メキシコの麻薬カルテルと公的機関の相関図が巨大すぎて大変なことになっている – DNA

メキシコの麻薬カルテルは武装しすぎ – DNA

治安や経済が不安定なアフリカ北東部エリトリアの情勢を表している公共広告や看板 – DNA

タジキスタンの一本眉な女性たちのスナップショット – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧