アートとデザイン

治安や経済が不安定なアフリカ北東部エリトリアの情勢を表している公共広告や看板


地球上どんな場所でも人が多く住むところにあるのがポスターや看板。公衆道徳を説いたり、商売の宣伝をしたりと目的は様々ですが、特に先進国の専売特許というわけではありません。1997年に憲法が制定されるも未だ施行されていない発展途上のアフリカの小国、エリトリアにはなかなか味のある広告がたくさん存在します。


エリトリアはここ。エチオピアとの貧国同士の戦争「エチオピア・エリトリア国境紛争」が経済を深刻に圧迫するなど、政治・経済ともに不安定な状態となっています。

大きな地図で見る

子どもの体重を測っています。子どもの体調管理はとても大切なこと。

マラリアの予防を呼びかける広告

ハマダラカという蚊がマラリア原虫を媒介すため、有効なマラリア対策の1つである蚊帳(かや)を使うことを推奨しています。

地雷に近づかないように警告する看板とその前を通る少女。

なかなかリアルに描かれたコンピュータ

壊れてしまった看板

ファンタ

コカコーラは世界中どこでもあります。

街の看板

標識


アフリカの多くの国では印刷物はとても高価なため、壁に直接絵を描くことがよくあります。突き上げた拳は政治的なモチーフとしてよく見かけますね。

鎌と槌が表わす通り、マルクス主義・共産主義的政策のもと一党独裁製を強いている民主正義人民戦線(PFDJ)がエリトリアの主力政党。

罪人や弱者がお前の選挙を見ているぞ、という体のポスター。

ガラス窓に貼られたものも。

農業がテーマの映画。

掲示板以外の場所にポスターが貼られていないところに秩序を感じます。

この本ですね。何らかの事情で障害を持った子どもと共に遊ぶことを説くものだそう。

紅海に面したエリトリアの都市・マッサワのお店の看板。「ツケでは売らない」ということですね。

エリトリアではとても人気ある「夕日の中で踊る男女」の絵が描かれた箱。リゾート地の広告らしいのですが、実はコンドームのパッケージ。

エリトリアの首都・アスマラのレストランの天井。

エリトリアの紋章。エリトリアの公式の英語表記は「State of Eritrea」。ラクダが中心に大きく描かれているとおり、エリトリアではラクダをよく見かけるそうです。

ソース:Интересный журнал – Открытие Эритреи. Вывески, оформление и реклама.

関連記事

1920年代に作成された中国のアンティークポスター12枚 – DNA

リビアの独裁者・カダフィ大佐専属、処女の女性のみで編成されている超エリート護衛隊「Amazonian Guard」 – DNA

凶悪犯罪発生率が非常に高い南アフリカの刑務所はやっぱり劣悪な環境だった – DNA

大正~昭和時代初期にかけて作られたノスタルジックな日本のポスター50枚 – DNA

スターウォーズ・銀河帝国軍のちょっとセクシーなプロパガンダポスターいろいろ – DNA

「この絵の残りを自分で完成させてください」の続きがすごい – DNA

もし有名企業がコンドームの広告スポンサーになってしまったら…… – DNA

100年以上前の北アフリカや中東のかなり貴重な女性写真 – DNA

[閲覧注意]アフリカで行なわれている、命知らずな捕鯨の様子 – DNA

アフリカのスラム街で毎年開催されている美人コンテスト – DNA

豪華絢爛な民族衣装や化粧を身にまとったアフリカの王様や酋長の写真 – DNA

アントニ・ガウディも影響を受けたと言われる砂漠の民トゥアレグ族の都市「トンブクトゥ」の街並み – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧