アートとデザイン

砂漠の谷の中に忽然と現れる古代遺跡「ペトラ」を幻想的にキャンドルでライトアップ


砂漠の岩山の岩盤をくり抜いて建造された中東・ヨルダンの世界遺産「ペトラ遺跡」。中でも狭い峡谷を抜けた先にある巨大な宝物庫「エル・カズネ」は映画「インディー・ジョーンズ/最後の聖戦」のクライマックスに登場するなど圧倒的な存在感を持っていますが、そんなペトラ遺跡の神殿まで続く天然の回廊と神殿をキャンドルでライトアップし、とても幻想的な雰囲気を醸し出している画像の紹介です。昼間のペトラ遺跡とは一味違う夜のペトラ遺跡もなかなかいいものです。


ペトラは、元前2世紀前半頃にナバテア人の国・ナバテア王国の中心地として栄えたとても古い歴史を持っています。シルクロードの通商上の要所でもあったため、当時は隊商都市として繁栄を極め、素晴らしい建築物を有する都市機能が存在したと考えられています。

ペトラ遺跡の入口から少し歩くと、侵食されて形作られた崖と崖の隙間である天然の回廊があり、その回廊を抜けたところにペトラ遺跡の象徴とも言える岩盤を繰り抜いて作られた神殿「エル・カズネ」があります。

崖と崖の隙間のような回廊

道は砂漠のためサラサラな砂となっています

凹凸壁

曲がりくねった道

石畳になっているところもあります

回廊の終端。良く見てみると、道の先に神殿「エル・カズネ」が見えています。

ゆっくりとエル・カズネが見えてきます。



狭い回廊から、急に大きな開けた場所に現れるエル・カズネは圧巻。

とても幻想的にライトアップされています。

昼間はこんな感じになっています。回廊の隙間からチラッと見えるエル・カズネ。

気になるエル・カズネの内部はこんな感じになっています。

実際のペトラ遺跡はとても広大な領土を持っており、1日では全てを観て回るのは難しいほどなのですが、2000年の調査段階で遺跡の発掘が1%程度しか完了していないと言うから驚きです。

ペトラ遺跡の全体像がある程度わかる動画です。
The Ancient City of Petra, Jordan in HD – YouTube

また、2007年に作られた現代版の世界の七不思議「新・世界七不思議」にも、メキシコの遺跡「チチェン・イッツァのピラミッド」、ブラジルの丘の上にそびえ立つ巨大なイエス・キリスト像「コルコバードのキリスト像」、中国の「万里の長城」、ペルーの「マチュ・ピチュ」、イタリアの「コロッセオ」、インドの「タージ・マハル」とともに選出されています。

ソース:Wonder a Day

関連記事

アントニ・ガウディも影響を受けたと言われる砂漠の民トゥアレグ族の都市「トンブクトゥ」の街並み – DNA

白い壁と青い屋根と碧い海、エーゲ海に浮かぶサントリーニ島やミコノス島の美麗な風景写真いろいろ – DNA

[字幕動画]「何のために生きますか?」平均年齢81歳のお爺さん5人組が、バイクの旅で取り戻したもの – DNA

世界一の旅行ガイド本「ロンリープラネット」が贈る旅行者のための超実用外国語表現集 – DNA

旅行好きやバックパッカーは必見! 素晴らしい技術で驚異的な量の荷物をパッキングする映像 – DNA

こんなに違う!海外の怒りや不愉快な感情を表すジェスチャーいろいろ – DNA

ストイックな「エクストリームひとり旅」を楽しむのに絶対必要なアイテムはこれだ – DNA

いつかピサの斜塔に行くことがあったら、ぜひやってみたいこと – DNA

古今東西!世界中の屋台で売られているローカルフード特集 – DNA

ローマ帝国で1800年前から使われていた「十徳ナイフ」の画像 – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧