アートとデザイン

19世紀末の北欧の古い町並みやフィヨルドの風景を収めた貴重なカラー写真


氷河が大地を削ってできたフィヨルドのような魅力的な大自然や、抑制の効いたデザインの古い町並みの面影を、余すところ無く残した19世紀末ごろのノルウェーのカラー写真です。


海と街が一体化しているように見えます

現在はこんな感じに発展しています

レール上を走る馬車

氷河に削られて作られたフィヨルド

絶景です

小さな港町

ほっぺが赤い女性

独特な民族衣装

馬ぞり

道と滝

岩を繰り抜いて作られた道

ヘアピンカーブ


馬車に乗る女性

フィヨルド独特の地形

海辺からの風景

海上に建てられて建物が印象的です

険しい山がすぐそこにあります

ガッチガチに凍りついた氷河

もう少しで沈んでしまいそうな、過積載っぽい船。

山から海を眺めるとこんな感じ

雰囲気は南極

風になびく国旗

雄大な滝

木材集積所でしょうか

蒸気船

木材運搬に使われていたっぽい運河

少数民族・サーミ人

ちなみに、地図上ではかなり広大な面積に見えてしまうノルウェーですが、実際は日本より少し広い程度です。日本の面積:377,930km²。ノルウェーの面積:385,199km²。

ソース:Norway at the End of 19th Century – Stella’s Magazine

関連記事

約100年前に撮影されていたとても貴重な南極のカラー写真 – DNA

毛沢東時代の中国で撮影されたレアな復元写真いろいろ – DNA

1920年ごろのエジプトを撮影した貴重なカラー写真46枚 – DNA

100年以上前の北アフリカや中東のかなり貴重な女性写真 – DNA

世界初の科学動物園「ロンドン動物園」の貴重な白黒写真いろいろ – DNA

1969年にナイアガラの滝をせきとめた時の貴重な写真が発見される – DNA

1960年代の最先端「ベル研究所」のSF映画のような内部写真いろいろ – DNA

100年以上前に製造されていたビンテージ・バイクいろいろ – DNA

大正~昭和時代初期にかけて作られたノスタルジックな日本のポスター50枚 – DNA

現在ではあまり見ることのできない、70~80年代の最先端ファッション – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧