アートとデザイン

廃墟となって静かに時を刻むニューヨークの古い劇場「キングス・シアター」


1929年にニューヨーク・ブルックリン地区に建てられた「キングス・シアター」の豪壮な内部の画像です。1977年に閉鎖された後朽ちゆくままになっており、かなりダメージが入ったアールデコ調の内装がいかにも退廃的な雰囲気を醸し出しています。


「キングス・シアター」は演劇や映画をかける総合劇場として近隣の住民に親しまれてきました。また、地元の学生の格好のアルバイトの場でもあり、若き日のバーバラ・ストライサンドやシルベスター・スタローンが働いていたことでも知られています。

待合ロビー。20世紀前半に流行した「ムービー・パレス」という様式にのっとり、重厚なアールデコ調の装飾が施された豪華な建物だったようです。

メインフロア。

二階席から舞台を眺める。

天井にもかなりの装飾が施されていますが、長年放置されていたためかなりダメージを受けています。

映写室。1970年代、周辺人口の減少や維持費の高騰によって経営が苦しくなります。スター・ウォーズやジョーズといった大作を上映することができず、もっぱらB級ホラー映画やカンフームービーばかりがかけられたことも観客の減少につながっていたようです。

1977年に閉鎖・売却され、色々な所有者の手を転々とした後1979年にニューヨーク市の所有物となりました。それから30年以上の間放置されていましたが、2010年2月に7千万ドルを投じてリノベーションされる計画が発表されます。再建後は演劇を主にかける劇場になるということです。

その他の画像は以下から。

ソース:Loew’s Kings Theatre | After the Final Curtain

関連記事

インド庶民の年に一度のお楽しみ「移動映画館」が村にやって来る – DNA

映画館でプロポーズを仕掛けた男性が用意した壮大すぎるアクション映画風ニセ予告編 – DNA

2010年「最も不正ダウンロードされた映画」は「最も儲かった映画」であったことが判明 – DNA

目に見えない特殊な信号を照射して映画の盗撮をシャットアウトするためのデバイス「DFS-3」 – DNA

いろいろな映画をバーコード状になるまでギュッと圧縮したらこんな感じ – DNA

「ツァラトゥストラはかく語りき」を使った映画を色々混ぜただけで面白くなってしまった動画 – DNA

静かに図書館を侵食するナチズムの恐怖 – DNA

ロシア・キエフの「戦車の墓場」に積み上げられた冷戦時代の亡霊達 – DNA

史上最も頑丈なゴミ捨て場、核廃棄物処理施設の建築工事を追うドキュメンタリー「Into Eternity」予告編動画 – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧