アートとデザイン

いろいろな映画をバーコード状になるまでギュッと圧縮したらこんな感じ


映画の1コマ1コマをギュッと思いっきり圧縮して、バーコード状態になってしまった画像の紹介です。ここまで圧縮すると、元の映画が何なのか全くわかりませんが、不思議なことにバーコード状になっている画像の色合いから、マトリックやキル・ビル、シティ・オブ・ゴッドなど、ある程度映画の雰囲気は察することができます。


もののけ姫 (1997)

マトリックス (1999)

キル・ビル: VOL. 1 (2003)

シティ・オブ・ゴッド (2002)

バベル (2006)

ダンサー・イン・ザ・ダーク (2000)

白雪姫 (1937)

アメリカン・ビューティー (1999)

風と共に去りぬ (1939)

他にも以下のサイトではたくさんの映画がバーコード化されています。「こんな色のシーンあったっけ?」というものが結構あるのでどの色がどのシーンなのか考えながら見てみると面白いかも。Tシャツにプリントするのも楽しそうです。

ソース:moviebarcode

関連記事:

2010年「最も不正ダウンロードされた映画」は「最も儲かった映画」であったことが判明 – DNA

スターウォーズと他の映画がコラボしたポスターはこうなるはず、というアート – DNA

目に見えない特殊な信号を照射して映画の盗撮をシャットアウトするためのデバイス「DFS-3」 – DNA

映画「トロン:レガシー」の超近未来バイク「Light Cycle」をほぼ完璧に再現、公道も走ることが出来るバイク – DNA

1960年代の最先端「ベル研究所」のSF映画のような内部写真いろいろ – DNA

[閲覧注意]B級映画スタジオから軍の訓練機関へ、ハリウッドの技術が米軍の訓練を支援する – DNA

映画館でプロポーズを仕掛けた男性が用意した壮大すぎるアクション映画風ニセ予告編 – DNA

インド庶民の年に一度のお楽しみ「移動映画館」が村にやって来る – DNA

「スーパーボウル」中継で放映された最新映画予告編をTwitterでの人気順に並べるとこうなる – DNA

「ミサイルコマンド」「海戦ゲーム」……レトロなゲームがどんどん映画化進行中 – DNA

あのアンドロイドに似たロボットが登場するSFスリラー?映画「Blinky」のティーザー動画 – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧