世界のびっくりニュース

1970年ごろNASAが計画していたスペースコロニーの予想イラストいろいろ


今ほど新しい発見がなくても、昔の宇宙開発は夢に満ちあふれていたと思います。宇宙空間に住むための「スペースコロニー」もその1つ。現在、11カ国が協力して建設している国際宇宙ステーションもすごいものですが、月と地球の重力が均衡するラグランジュ・ポイントに超巨大宇宙ステーションを浮かべるという壮大なアイディアにはまだまだ追いついていないようです。

スタンフォード・トーラス型コロニー。ぐるぐると回転することで人工重力を作る仕組み。

植物・動物などは徹底的な検疫を受け、害虫や病原菌が入り込まないようにするという夢のような都市計画もあったようです。

巨大な湖

こちらも有名なシリンダー型コロニー。筒の内側に人の住むエリアがあるわけですね。外側の鏡を開閉して光量を調整し、昼夜を作り出す予定だったようです。

無重力空間を楽しむ人々。軸近くでは重力が小さくなるのでこんなレクリエーションもできました。

ちなみに、こちらの画像は現在の国際宇宙ステーション。だいぶ夢に近くなってきた気もします。

ソース:This Is How NASA Imagined Space Stations In 1970 | Bit Rebels

関連記事:

東北地方太平洋沖地震前後の津波による地形変化がよくわかるNASAの衛星写真 – DNA

宇宙ファン必見、NASAのエンジニアによる解説付き「ザ・ベスト・オブ・シャトル打ち上げ」動画 – DNA

千里の道も一歩から、「NASA」の宇宙基地の成長を写真で見る – DNA

「幻の月着陸ミッション」の身も凍る真実を描いた映画「Apollo 18」予告編 – DNA

国際宇宙ステーションで暮らすロシアな人の日々をつづる画像いろいろ – DNA

スペースシャトルと国際宇宙ステーションのドッキングを地上からとらえたすごい動画と写真 – DNA

すべての物語はつながっている……SFの歴史をまとめたインフォグラフィックスがすごい – DNA

1960年代の最先端「ベル研究所」のSF映画のような内部写真いろいろ – DNA

ロシアの物理学者が、大気圏再突入時の「ブラックアウト」を解決する方法を発見 – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧