ネット・PC

人類とIE6の戦いについに終止符、マイクロソフト社が告知サイト「ie6countdown.com」をリリース


わけのわからないバグやオレオレ仕様によって、すべてのWebデベロッパーの憎悪の対象であるマイクロソフト社のブラウザ「IE6」。その恨まれっぷりは、プログラマーとデザイナーの間の軋轢を軽く超えることは間違いありませんが、とうとうMS社自らが「IE6終了宣言」に向けて動き始めました。人類とIE6の戦いに、ついに終わりの日が来るようです。


今回マイクロソフト社が立ち上げたサイト「IE6 Countdown」は、いかにIE6のシェアが下がってきたか、なぜ私達はIE9に乗り換えるべきなのかを説明しているサイト。これを見ればあなたも即IE6との戦いに参加することができます。

IE6 Countdown

現在の国別IE6シェア。日本は世界の中ではやや高めとなる10.3%と、技術立国を目指す身としては恥ずかしい数値となっています。

さてこのサイトでは、マイクロソフト自らがIE6を眠らせるためにユーザーにこんなことを呼びかけています。

周知せよ

IE6でサイトを表示したときに「お前のブラウザは時代遅れだ。より早く安全なブラウジングのため、いますぐ無料のアップデートを受けよ」というバナーを表示するためのスクリプトを提供しています。
IE6 Countdown

このサイト自身にもスクリプトが埋め込まれているようで、アクセスするとこんな風に表示されます。コピー&ペーストするだけで使えるのでみんなでどんどん利用しましょう。

啓蒙せよ

「なぜインターネットエクスプローラー6から乗り換えるべきなのか?」ということを丁寧に解説しており、すぐにでも布教開始できるようになっています。
IE6 Countdown

というか、この表を見るといかにIE6が遅れているかよく分かりますね……「IE6に対応させて」と無茶を言うクライアントに見せてあげるといいかもしれません。

宣誓せよ

さらにここをクリックすると「自分もIE6のシェアを1%にするためにがんばります!」とつぶやけます。

こんな感じ。ちなみにこの「I’m doing my part to get IE6 to 1%」という文面で検索するともりもりもり……とヒットして、みんながどれだけIE6を嫌っているかがわかります。私達は1人ではありません。

以前にもユーザーが自主的にIE6のお葬式を行うサイト「IE6 Funeral」やサポート終了までの日数を数える「IE6 Countdown to Death」などを立ち上げそれぞれ話題を呼びましたが、今回はマイクロソフト自らが引導を渡す模様。Webデベロッパーのみなさん、革命の日は近いです。
Announcement | IE6 Funeral

IE6 Countdown to Death

ソース:IE6 Countdown

関連記事

人類の敵「IE6」のレンダリングを再現しレイアウトを崩壊させるブックマークレット「IE6ify」 – DNA

あのトラウマがよみがえる……!Internet Explorerの「あのエラー」をJavaScriptで見事に再現 – DNA

Webデザイナー vs Webプログラマーの仁義無き比較イラスト – DNA

「プログラマにお使いを頼んだら……」ジョークが海外の掲示板で人気 – DNA

難病をおしてオープンソースコミュニティに貢献し続けた男に絶賛の声 – DNA

元Googleのエンジニアが語る「なぜGoogleはソーシャルネットワーキングに弱いのか」 – DNA

初代Windows1.0から最新のWindows7まで、順番にアップデートすると何が起こる? – DNA

難病をおしてオープンソースコミュニティに貢献し続けた男に絶賛の声 – DNA

表示するページが無いときなどに表示されるクリエイティブな「404エラー」ページ13選 – DNA

複雑に絡み合うコード……プログラムの進化を視覚化すると大変なことに – DNA

ビル・ゲイツのブログに写っていてはいけないものが写った画像が掲載されている – DNA

「これが内蔵Blu-rayだよ」とWindowsがMacをおちょくるCMを放映開始、マイクロソフトの逆襲始まる – DNA

可愛すぎる「FireFoxで予期せぬWindowsエラーが発生しました」動画が海外ネット掲示板で人気に – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧