世界のびっくりニュース

50~60年代のフレンチ・ファッションに身を包む、コンゴ共和国の半端無くダンディーな紳士「サペー」たち


街並みとまったく合わない色合いの服に身を包んだこの男性は、コンゴ共和国の首都ブラザヴィルに多く存在する「サペー(Sapeurs:サプールとも)」と呼ばれる紳士たちの一人。50~60年代のフランスで流行したファッションに身を包むのがコンゴ人の誇り、というなんとも奇妙な美学(サップ、サポロジー)を実践するグループなのだそうです。


どんなに飢えていても、家の洋服ダンスには、洋服がいっぱいの彼ら。とはいっても、ファッションを職業にしているわけではなくほとんどの「サペー」達は趣味としてお洒落を楽しんでいます。

彼らは最低でも5ヶ月分の給料に相当する300ドルを洋服代についやているとのこと。こうした葉巻やパイプをくわえるのも「サップ」の大事な要素なのだとか。

また、彼らはこのようなファッションにより「魂を感じている」らしい。

お葬式でも結婚式でも、とりあえずこういう感じの格好で現れるのだそうです。

似合うとか似合わない、ではなく赤道直下の熱帯でこの格好を貫く、というのがすごい。
















動画で見るとこんな感じになります

参考:アフリカ・コンゴ共和国より15~サポロジー

ソース:Funny videos and funny pictures – Dandies from Congo (21 pics)

関連記事

サハラ砂漠以南の西アフリカに現存する独特な伝統衣装 – DNA

豪華絢爛な民族衣装や化粧を身にまとったアフリカの王様や酋長の写真 – DNA

現在ではあまり見ることのできない、70~80年代の最先端ファッション – DNA

100年以上前の北アフリカや中東のかなり貴重な女性写真 – DNA

アフリカのスラム街で毎年開催されている美人コンテスト – DNA

リビアの独裁者・カダフィ大佐専属、処女の女性のみで編成されている超エリート護衛隊「Amazonian Guard」 – DNA

現代の悲劇、崩壊したソマリアで銃をとり戦う少年兵の画像 – DNA

数千もの人々が30分間で湖の魚を根こそぎ取り尽くすドゴン族の神聖な儀式の大迫力映像 – DNA

古今東西!世界中の屋台で売られているローカルフード特集 – DNA

毛沢東時代の中国で撮影されたレアな復元写真いろいろ – DNA

さすが神秘の国・中国、とても危険な方法でヘアカット – DNA

大正~昭和時代初期にかけて作られたノスタルジックな日本のポスター50枚 – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧