科学と技術

BluetoothでスマートフォンやPCと連携できるプログラマブル・ウォッチ「inPulse」


先日紹介したカシオのコンセプトモデルなど、親デバイスからの通知をBluetoothで受け取ることができる腕時計型のデバイスがだんだん増えてきました。メーカー製のものは規格がクローズなものがまだまだ多いのですが、このinPulseはほぼ全部がオープンなため、自分で色々とプラグインを書いて遊ぶことができそうです。


inPulseはBluetoothで親機と通信できる腕時計。現在、以下の2機種が販売中です。

シルバー版:149ドル(約1万2千円)

アノダイズ版:199ドル(約1万6千円)

スペックはこんな感じ:

1.3インチ 96*128ピクセルフルカラー液晶
ARM7(52MHz)
記憶容量32kb、RAM8kB
Bluetooth 2.1 (L2CAP)
プログラムのワイヤレス転送が可能
振動機能付き
リチウムイオンポリマーバッテリー 150mAh
microUSB充電端子
使用状況によって4日間連続使用可能。

様々なデバイス向けにSDKやVMイメージが用意されており、5分で「Hello World」できるそうです。(iPhoneは要脱獄)

この腕時計自体に何かをさせるのはちょっと大変ですが、アプリケーションのリモコンとして使ったり、PC側からのデータを腕で受け取るということができそう。開発者は「腕時計版Arduinoとして色々作って欲しい」とコメントしています。

動画はこちらから。
YouTube – inPulse Smartwatch for Blackberry

航空機用アルミニウムからCNC旋盤で削りだしという結構豪華なボディ。
YouTube – inPulse Smartwatch – CNC milling process

全体的な雰囲気としてはメーカー製品というよりも「同人ハード」という感じ。問い合わせは以下のサイトからどうぞ。

ソース:Get inPulse and Hack Your Watch | Home

関連記事:

カシオ、Bluetoothでスマートフォンと連携する腕時計のプロトタイプを展示 – DNA

カシオ製のタフな携帯「G’zOne」ブランドのAndroidスマートフォンの画像が流出 – DNA

複雑なメカニズムが芸術的な美しさを持つ機械式時計の内部写真14枚 – DNA

超低消費電力・日中でも見やすい「E-ink」液晶を使った腕時計のコンセプトデザイン – DNA

究極のところまで機能を絞ったシンプルすぎる携帯電話「John’s Phone」 – DNA

あなたのiPhoneをバブリーな80年代仕様にしてしまうケース「80s Retro iPhone Case」 – DNA

iPhone4やBlackberryを「ワイヤレス充電」可能にしてしまうチャージャーキット – DNA

京セラの世界初デュアル液晶Androidスマートフォン「Echo」の画像 – DNA

Googleマップが暴露、世界はAndroid OSに支配されつつある – DNA

これぞ本物、マグプル社製「iPhone3」「iPhone4」ケースがデビュー – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧