ネット・PC

「デスグリップ」再来、iPhoneのアンテナ問題は「CDMA版」でも改善していなかったことが発覚


iPhone4では、持ち方によってアンテナどうしがショートし受信感度が落ちてしまうという欠陥がありました。2011年1月に発表されたアップデート版iPhone4でこの問題は解決すると思われていましたが、欠陥はほぼそのまま。それどころか新たに「死の抱擁」と呼ばれる新たな欠陥も発見されました。


以前お伝えしたとおり、Verizon向けに今年1月に発表されたCDMA版iPhone4はアンテナの分割位置が変更されており「デスグリップ」問題は発生しないとされていました。

以前ご紹介した、新旧フレームの画像。
不評のアンテナ位置を改修したiPhone4の画像が流出、「Verizon版iPhone」とうとう発表か – DNA

分割位置はこのように変更となりました。

今回報告されたVerizon版での不具合は、以前のものとまったく同じ。このように持つ分には通常に通信できています。速度の表示は左からPing、上り速度、下り速度。

いわゆる「デスグリップ」で持つと上り・下りとも通信速度が極端に低下するのが分かります。

通信速度の低下が発生するのは3G回線のみ。いわゆる無線LANであるWi-Fi通信はデスグリップでも影響を受けないとのことです。

ただしWi-Fi通信ではこのように包むように横もちすると「デス・ハグ(死の抱擁)」と呼ばれる通信速度の低下が発生します。

動画はこちらから。
YouTube – Verizon iPhone 4 Antenna Issues

もちろん前回の不具合と同様、ケースを装着することで通信速度の低下は免れる模様。そろそろ噂が聞こえ始めたiPhone5ではきちんと解決していて欲しいものです。

ソース:Verizon iPhone 4 antenna problems persist (video) | iLounge News

関連記事

これぞ本物、マグプル社製「iPhone3」「iPhone4」ケースがデビュー – DNA

不評のアンテナ位置を改修したiPhone4の画像が流出、「Verizon版iPhone」とうとう発表か – DNA

AU・KDDIで使えるCDMA版iPhone「日本・韓国への供給を準備中」の噂 – DNA

あなたのiPhoneをバブリーな80年代仕様にしてしまうケース「80s Retro iPhone Case」 – DNA

ドコモ回線で利用できる「SIMフリー版 iPhone 4」などのスマートフォン本体と日本通信のSIMカードがセット販売へ – DNA

iPhone 5がどうなるのか大胆予想図 – DNA

iPhone経由でWi-Fi iPadでもネットサーフィンが楽しめるようになる「非テザリング」アプリ「CoBrowser」 – DNA

クレードルやPCキーボードとしても使えるiPhone用外付けキーボード「Omnio WOWkey」 – DNA

iPhone vs Android vs Blackberryユーザーを偏見に満ちすぎた目でイラストにするとこうなる – DNA

iPhoneは本当に人気があるのか比較検討したイラスト – DNA

京セラの世界初デュアル液晶Androidスマートフォン「Echo」の画像 – DNA

カシオ製のタフな携帯「G’zOne」ブランドのAndroidスマートフォンの画像が流出 – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧