科学と技術

軽量な樹脂製薬莢がライフル用弾薬向けに2011年からリリース予定


装填時の摩擦や火薬による高温・高圧のガスに耐えられないことから、ライフル弾薬莢の樹脂化はなかなか成功しませんでした。しかし現在ラスベガスで行われいるSHOTショーでPCPアミュニション社が樹脂製の各種薬莢を展示、2011年中に一般販売を開始すると発表しています。


冷戦期に弾薬の小口径化が行われた理由の1つに、弾を軽量にして兵士が運べる弾の数を増加させるためというのがありました。しかし、真ちゅうや軟鋼といった金属製の薬莢では軽くなるといっても限界が生じます。

そこで薬莢そのものを利用しないケースレス弾や樹脂製の薬莢の研究が進められました。しかしケースレス弾はほとんど普及せず、樹脂製薬莢は散弾銃では実用化されているものの、ライフル用としては弾頭と薬莢がはずれてしまう問題や、熱・高圧で薬室に張り付いてしまうなどの問題が解決できず今だ市場には出てきていません(訓練用・音響用としては存在)。

PPC社の樹脂製薬莢はこれらの問題を解決、5.56 NATO、7.62mm NATO、.50 BMGといった軍でもっとも多く使われる弾薬のほか、6.8 SPC、.338 Lapuaなど狙撃・ハンティング向けに多く使われるようになっているサイズの薬莢を2011年初頭からリリースしていくとしています。

薬莢が軽くなることでベルト給弾のものはともかく、一般的な自動小銃では排莢に問題が出そうな感じもしますが、ここは実射試験の結果を待ちたいところ。また、特殊な樹脂を利用しているということで価格が金属製のものと比べてどうなるかも気になります。

ライフル銃手はともかく、弾薬100発入りの箱をいくつも持ち歩かねばならない軽機関銃手などにはかなりの福音となる気がします。

ソース:PCP polymer cased ammunition | The Firearm Blog

PCP Ammo

関連記事

シュアファイア社の「アサルトライフル用100連マガジン」プロモーション動画 – DNA

これぞ本物、マグプル社製「iPhone3」「iPhone4」ケースがデビュー – DNA

モジュラーレシーバーシステムを採用したコルト社の新型自動小銃「CM901」がデビュー間近 – DNA

急所を爆風から守るための「軍用防弾パンツ」 – DNA

頼りになりすぎる男達、ロシア軍特殊部隊の画像いろいろ – DNA
1984年製キャデラックを150丁のマシンガンでボロボロにする動画 – DNA

ウクライナで行われた「国際ボディーガードコンテスト」の画像 – DNA

傑作冒険小説「極大射程」シリーズ最新作「Dead Zero」を著者自らがYouTubeムービーでプロモーション – DNA

職人がものすごい手作業で銃を密造しているフィリピン・ダナオの「密造銃集落」の画像 – DNA

武骨だけれどそれがいい、東側諸国のスナイパーライフルいろいろ – DNA

様々な拳銃やアサルトライフルの内部をCTスキャンで撮影した画像色々 – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧