ネット・PC

iPhone→iPadへの進化から、Apple製品の未来を大胆予想するとこうなる


2008年に登場したiPhone 3G。そして、2010年にはiPad。この進化と発展の流れから2012年、2014年にAppleから発売されるであろう製品を大胆予想している画像です。数学的にはこれで合っているはず。

2012年にiBoard、2014年にはiMat。もうガジェットとは言えないくらい巨大化。なかなかステキな未来がやってくるかもしれませんね。

実際には、iBoardくらいまでは使い道はあると思いますが、iMatはちょっと・・・。

ちなみにこれはマルチタッチも可能なiPhone用外部ディスプレイ。未来はすぐそこまで近づいています。

YouTube – Table Connect for iPhone

ソース:The Future Of Apple [Funny]

関連記事

iPhone 5がどうなるのか大胆予想図 – DNA

MacBook Air購入検討者は「見てはいけない」、魅力たっぷりの実機レビューページ総まとめ – DNA

世にも奇妙な8個の「iPod」伝説 – DNA

iPhone vs Android vs Blackberryユーザーを偏見に満ちすぎた目でイラストにするとこうなる – DNA

最新のiPhoneを超レトロな黒電話にするクレードル「iRetrophone」 – DNA

iPhone経由でWi-Fi iPadでもネットサーフィンが楽しめるようになる「非テザリング」アプリ「CoBrowser」 – DNA

Apple、日本のiTunes Storeで映画の販売・レンタルを開始、料金システムも発表 – DNA

iPod Touchをモバイル3Gルーターに変身させるケース「ZTE PEEL」がいよいよ販売開始 – DNA

クレードルやPCキーボードとしても使えるiPhone用外付けキーボード「Omnio WOWkey」 – DNA

家庭にある身近で安定性の高いiPadスタンド、ただし衛生面に問題あり? – DNA

Apple社のスティーブ・ジョブスCEO「USB3.0にはまだ早い」と自社製品への搭載について言及 – DNA

そっくり過ぎ?スティーブ・ジョブズのアクションフィギュアが登場 – DNA

ノキア、アップルなど携帯電話の複雑怪奇な特許訴訟合戦をまとめた図 – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧