世界のびっくりニュース

横転してしまった戦車をひっくり返すのに何人の人手が必要なのか教えてくれる動画


厚い走行と強力な武装で敵陣地を突破すべく生まれた戦車ですが、もしうっかり横転してしまった場合、何人の兵士がいれば元通りにすることができるのでしょうか?


動画はこちらから。第1次世界大戦中に作られたM1918フォード3t戦車の動画です。有名な「T型フォード」のエンジンを2台使用し、弾薬運搬用として使われる予定でしたが15両のみの生産にとどまりました。ちなみに20人ほどの人手が必要であったようです。
How Many Men Does it Take to Flip a Tank? – YouTube

軽トラの車重が空荷で800kg程度。この事件の際に15人が逮捕・書類送検されたそうですが、確かにこの人数であれば軽々と横転させることができるでしょう。
【渋谷ハロウィン】移動中の軽トラを取り囲んで襲撃!運転手が避難した後に横転させる無法地帯 #2 – YouTube

「戦車がそうそうひっくり返るわけないだろう……」という方はこちら。走破性能はものすごく高いのですが、その分急勾配や段差のある所を走ることもあり、うっかりするとこんな風に横転してしまうこともしばしばです。
Tank flips over after military parade in Russian city of Kursk – YouTube

なお大型化が進んだ現代の戦車が横転するとこんな感じに。復旧はもうめちゃくちゃ大変です。
戦車が横転するともう大変な手間がかかることが分かる動画 – DNA

関連記事

ティーガー戦車を女の子に見立てて「付き合い方」を学ぶドイツの「萌え」教本「Tigerfibel」 - DNA

狂気の沙汰、「ティーガーI戦車」の実寸大・走行可能なレプリカの制作風景 - DNA

映画「ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火」に出るはずだった「『ティーガーI戦車』の実寸大・走行可能なレプリカ」は今どこでどうしているのか判明 - DNA

映画「ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火」に出るはずだった「『ティーガーI戦車』の超リアル実走レプリカ」が約4700万円で売出し中 - DNA

戦車の操縦と主砲の射撃を思いっきり楽しめるサービス「DriveTanks.com」 - DNA

フルスクラッチで旧ソ連のT-18(MC-1)軽戦車を作り上げる方法を紹介する動画 - DNA

戦車が横転するともう大変な手間がかかることが分かる動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧