世界のびっくりニュース

ライフルの銃身を内部から一気にクールダウンさせるための冷却ファン「Riflekühl」


ライフルで超長距離での命中精度を競うためには、銃のコンディションを維持するのがとても銃用。特に加熱した銃身は命中精度に大きく影響するため、常に温度管理をしなければなりません。そのためのガジェットがこちらの「Riflekühl」。外気を銃身に送り込み、あっという間にクールダウンさせることができます。

Magneto Speed社の「Riflekühl」は薬室に差し込んで送風する冷却ファン兼チェンバーフラッグ。伸縮式のノズルを差し込み、磁石で銃に固定させ送風します。50ミクロンのフィルター付きなのでホコリの多い環境でも問題なく使用可能。

口径さえあえばいろいろな銃に差し込んで使用できます。

プロモーション動画はこちらから。
RifleKuhl – YouTube

ボルトアクション式だけでなく自動式のライフルにも使用可能です。
Magneto Speed Riflekühl barrel cooler – YouTube

こうした冷却ファンやヒートシンク、水冷ジャケットなどは鉄砲ガジェットファンに大人気のアイテム。
自動小銃を物理的にクールにする冷却ファンつき弾倉がeBayに出品中 – DNA

銃身の加熱は大量の銃弾を継続的に撃てるようになった現代のライフルでは、誰しも悩む共通の問題。部品の歪みや最悪火薬の加熱による暴発などの問題を引き起こすだけに、軍民問わず今もいろいろなアイディアがテストされています。
AK-47は故障するまで何発連射できるのか試してみた – DNA

ソース:Riflekühl Barrel Cooler – MagnetoSpeed

関連記事

一気に120発撃てるAK-47自動小銃用スーパーロングマガジンの動画 - DNA

自動小銃を構えたまま階段を滑り降りる「カドチニコフ・システマ」動画 - DNA

ナイツ社のSCAR計画向けプロトタイプ自動小銃の解説動画(字幕あり) - DNA

AR-15自動小銃用のホルスター「S.A.R.R.P AR Holster」 - DNA

自動小銃をさらにエルゴノミックにする「可変折れ曲がりグリップ」をLMT社が開発 - DNA

AR-15をクランクトリガー式にして合法的に連射できるアイテム「GatCrank 15」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧