世界のびっくりニュース

2000年から2018年まで世界的ブランドの価値ランキングがどのように変化したのかがよくわかる動画


世界的多国籍企業の中には小国の国家予算に匹敵するほどのブランド価値を持つものがあります。そんな多国籍企業どうしの間でも当然競争があるわけですが、これらのランキングはこの約20年でどのように変化したのでしょうか?実に興味深い企業がトップに躍り出てきます。


これはInterbrand社が株価や売上などをベースにして独自に算出したブランドの価値のランキングを、年ごとに棒グラフで並べ変えたもの。ある企業がものすごい追い上げを見せてきます。動画はこちらから。
Top 15 Best Global Brands Ranking (2000-2018) – YouTube

インターネット時代ということでGoogleの躍進は当然ものすごいものがあるのですが、これを抑えてトップに躍り出たのがApple。ハードとソフト、両方を抑えているというのが強みでしょうか。

もっとも、これらの企業の間では資本や業務で提携していたりするものもあったり、こんな風に超複雑につながっていたりするので、単純に優劣を競うというのも難しいものがあるのも事実です。
多国籍企業の超複雑な支配関係がよくわかるインタラクティブなマップ – DNA

ソース:Best Global Brands – Interbrand

関連記事

まるで細胞分裂、企業組織の成長をビジュアル化した動画「OrgOrgChart」 - DNA

多国籍企業の超複雑な支配関係がよくわかるインタラクティブなマップ - DNA

世界の富は誰のもの?経済の中枢部にいる「核」の存在を確認 - DNA

株式ニュースを0.4秒早く手に入れると株価はこういう風に動く - DNA

マサチューセッツ工科大学謹製「ゲーム機シェア競争」シミュレータ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧