世界のびっくりニュース

俊敏性を競う犬の障害物競争「アジリティ」大会で一所懸命に頑張るブルドッグがかわいい


牛と戦う闘犬として開発された歴史をもつブルドッグ。その体格から俊敏性な動きはあまり得意とは言えない犬種なのですが、「アジリティ」の大会に出場し一所懸命にかんばっている姿で会場を沸かせいています。

動画はこちらから。
Watch Rudy the Bulldog crush the 2019 WKC Masters Agility course | FOX SPORTS – YouTube

この映像は米・ニューヨーク州で開催された「2019 Masters Agility Results for the Westminster Kennel Club」の16インチ・ディビジョンに出場したブルドッグのRudyの試合模様を撮影したもの。

1. 華麗なジャンプを決めるブルドッグのRudy

2. 大健闘したものの記録は46.63秒。この部門の優勝はボーダー・コリーのP!nkが記録した31.23秒です。

またアジリティが大得意な犬種ボーダー・コリーの優勝映像はこちらです。ブルドッグも頑張ってはいるのですが、優勝はちょっと難しそうです。
Verb captures 2019 WKC Masters Agility Grand Champion title | FOX SPORTS – YouTube

さらに筋骨隆々のごっついマスティフだとこんな感じになる模様……迫力はNo1です。
マスティフが俊敏性を競う障害物競走「アジリティ」に出場するとこうなる

関連記事

どうしても手放したく無い……箱が好き過ぎるブルドッグの行動がおかしい - DNA

庭にやってきた二頭のクマを撃退するフレンチブルドッグがすごい - DNA

生後5週間の子猫が一所懸命にアジリティー・トレーニングしている動画 - DNA

エクストリーム雑巾掛けっぽいアクティビティを発見したボーダーコリーが実に楽しそう - DNA

2匹の巨大なドーベルマンに猛攻撃をしかけるフレンチブルドッグの子犬の動画 - DNA

世界最速のフットワークを持つ男のトレーニングが信じられないレベルで凄い - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧