ゲーム

狼と格闘しウォッカをあおりながら運転する「シベリア鉄道シミュレーター」がすごい


地球上で、おそらく最もカオスなワンダーランドが広がっている地域であることのロシア。その母なる大地を横断するシベリア鉄道の運転士になった気分を思いっきり味わえるシミュレーターが登場しました。

「Trans-Siberian Railway Simulator」は読んで字のごとく、シベリア鉄道の運転士として遊ぶシミュレーター。

予告編のBGMがロシア国歌であることがちょっと気になりますが、一般的な鉄道シミュレーターとしての機能は一通りあるようです。こちらは列車の透視図が見られるモード。

計器やハンドル類もライブ。

ここまでならただの列車シミュレーターですが、ここからがシベリア鉄道のシベリア鉄道たる所以。プレイヤーは様々な障害と戦わなければいけません。

まず機械は壊れるものなので修理が必要です。

当然のように倒木がレールをふさいでいます。

倒木を処理していると当然のようにオオカミに襲われます。

……運転シミュレーターのはずです。なおロシアには斧でオオカミに勝利したおばあちゃんがいるそうです

ひと仕事したらウォッカ。さすがシベリア鉄道。

Trans-Siberian Railway Simulatorは現在、Steamで配信準備中。平和じゃない旅を安全に楽しみたい方は遊んでみるといいのではないでしょうか。

動画はこちらから。
Trans-Siberian Railway Simulator – Official Trailer – YouTube

なお、実際のシベリア鉄道はかなり穏便な感じになっているようです。
イギリスから香港まで鉄道のみでユーラシア大陸を横断 壮大な家族旅行のタイムラプス映像 – DNA

関連記事

北京からモスクワまでの約7621kmを結ぶモンゴル縦貫鉄道の旅を4分にまとめたショートフィルム「Trans-mongolian」 - DNA

総距離1万キロ超 サンクトペテルブルグからウランバートル経由~香港までの列車の旅の窓からの風景を1枚のパノラマ画像にまとめたすごい作品 - DNA

イギリスから香港まで鉄道のみでユーラシア大陸を横断 壮大な家族旅行のタイムラプス映像 - DNA

ビジュアルが凄すぎる、1800年代にシベリアで使用されていた対熊用ハンティング・アーマー - DNA

雪が降り積もるノルウェーの山間部をゆっくりと走る鉄道の運転席からの映像 - DNA

絹から電子機器へ、シルクロードをゆく貨物列車の旅の画像 - DNA

旅客機のエコノミー席で5時間座っているだけのシミュレーター「Flight Simulator」が登場 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧