世界のびっくりニュース

冷戦中のスパイがお尻の中に隠し持っていた「脱出ツールキット」がヤバい


座薬の解熱剤は直腸から直接吸収されて良く効くのですが、あの細さでも体内に入れるのには抵抗がある人も多いのでは。しかし生きるか死ぬかのスパイ達の中には、こんなにもゴツいものを隠し持っていた人がいるのです。

このキットは冷戦中にCIAの工作員達に配布されたもの。中身はナイフ、やすり、のこぎり、ペンチなど、監禁された時などに鍵を破壊して脱出するためのツールが入っています。

中身のツールがきちんと作られているのはもちろんですが、表面や継ぎ目は極めて滑らかに作られており……人体にダメージを与えないように配慮されています。

これを入れておけば生きるか死ぬかという時に間違いなく役立つと思いますが、入れる時に死にそうな思いをしそうです。動画はこちらから。
A CIA-Issued Rectal Tool Kit For Spies – YouTube

直腸というのはかなり容量のあるストレージで、密輸の際には頻繁に用いられる場所でもあります。時にはものすごい量の麻薬が隠されていることも……
[閲覧注意]麻薬を体内に隠して密輸しようとした男のX線写真がすごい – DNA

関連記事

[閲覧注意]麻薬を体内に隠して密輸しようとした男のX線写真がすごい - DNA

携帯電話を輪ゴムでペニスにくくりつけていた麻薬ディーラーを逮捕 - DNA

[閲覧注意]X線写真で見る「すごいこと」になった下半身写真いろいろ - DNA

一触即発、お尻に20mm対空砲の弾丸を入れて抜けなくなった男が病院に搬送される - DNA

半ケツで座るゲーム大会の参加者を見つけてはそっと祈りをささげる男の不思議な画像が話題に - DNA

ナマコの体内に住み着き肛門から出入りする魚「カクレウオ」の衝撃の生態 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧