科学と技術

船底にあいた穴を塞いだり脱出したりの訓練をする「沈没シミュレーター」の動画


何が起こるか分からないのが戦争。なのでなるべく色々な訓練をして準備しておきたい……それは「沈没」という最悪の事態についても当てはまります。イギリス海軍では「沈没シミュレーター」を用いて、船体の穴を応急処置したり脱出したりする訓練を行っているそうです。

「沈没シミュレーター」は実際の軍艦の一部を切り出したような感じの建物が本体

軍艦の様々な部屋や廊下、施設などが再現され、そしていたる所から水が吹き出してきます。

水のコントロールだけでなく停電などの状況も再現。真っ暗闇の中で水が出てくるのは恐怖以外の何物でもありません。

建物自体も15度ほど傾き、浸水での傾斜を再現できるということです。

動画はこちらから。
Sinking Ship Simulator: The Royal Navy’s Damage Repair Instructional Unit – YouTube

水上艦はもちろん、潜水艦ではダメージコントロールはもっと深刻な問題になります。普通の人は軍の艦艇ではなく、こういう感じの「なんちゃって」な船で遊ぶほうがよさそうです。
これはナンセンス、Uボートのセイルだけを再現した足こぎボート「U-POOLY」 – DNA

関連記事

中国の貯水池に浮いているどうやって持ってきたのか分からない航空母艦 - DNA

旅客機のエコノミー席で5時間座っているだけのシミュレーター「Flight Simulator」が登場 - DNA

バーチャル空間で心ゆくまでPCの組み立てを楽しめるシミュレータ「PC Building Simulator」プレアルファ版が登場 - DNA

バーチャルリアリティー技術を使って安全・安価に訓練できる軍用スカイダイビングシミュレーター - DNA

海底に沈没しゆく船の内部をとらえた2台のオンボード・カメラの映像 - DNA

50年昔に座礁した巨大貨物船「エヴァンゲリア(Evangelia)」 その朽ち果てた内部をカヤックに乗って撮影した映像 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧