世界のびっくりニュース

普通の人がマラソン世界記録のペースで走るとこんなことになる……


2018年9月に開催されたベルリン・マラソンでケニアのエリウド・キプチョゲ選手が2時間01分39秒で優勝し世界記録を更新したのはまだ記憶に新しいところ。このマラソン世界記録が普通の人にとってどれほどすごいことなのかを検証しています。

動画はこちらから。
Runners Attempt Eliud Kipchoge’s World Record Marathon Pace – YouTube

この映像は RunnersWorld がシカゴマラソン・エキスポでエリウド・キプチョゲ選手が記録したマラソン世界記録のペースを再現したランニングマシンに挑戦する人々を撮影したものです。

42.195kmを2時間01分39秒で完走するということは単純に計算すると平均速度は約20.81km/h。100mを17.3秒のペースで2時間走り続けることが出来れば世界を狙えるのですが、運動不足の大人には限りなく全速力……のようです。

1. バランスをキープするのも大変な模様

2. とんでもない何かから逃げている……そういうレベルの速度なのです

3. すぐにふらふらしてしまう参加者たち

4. 思いっきり足がもつれてしまって脱落

5. そんな中余裕の走りをみせている女性が登場。実はこの人、カナダ代表としてリオ・オリンピックの400mハードルと400mリレーに出場したノエル・モンカルム選手。さすが一流の陸上選手です。

平均速度20キロ以上のスピードを2時間以上キープし続けるのは自転車でもかなり困難。一流のマラソン選手の身体能力はもはや異次元レベルのようです。

ちなみにランニングマシン(トレッドミル)を時速40kmで走るとこんなことになります。
時速40キロのとんでもないスピードでランニングマシンを走る男の動画

関連記事

新体操からアメフトまで、究極に最適化されたアスリートたちの体型をスポーツ種別に比較した写真 - DNA

18m一本勝負、アメリカ人最速のマラソンランナーと競争できるデジタル広告の動画 - DNA

ルームランナーがとっても気に入ってしまったネコたちのまとめ動画 - DNA

走るだけじゃない、ルームランナーを極めるとこんな技が可能になる - DNA

1896年、アテネで開催された最初の近代オリンピックの競技写真や動画いろいろ - DNA

ベルギー人男性、1年間毎日フルマラソンを走って世界記録達成 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧