世界のびっくりニュース

米軍が開発した「携帯食料版ピザ」をイタリア軍兵士が試食


長い長い時間をかけて「常温で3年間保存できて開封すればそのまま食べられるピザ」の開発に成功してしまったアメリカ軍。そんな執念の産物を、イタリア軍兵士が試食した動画が公開しています。

動画を公開しているのは、アメリカ国防総省の運営する機関紙「スターズ・アンド・ストライプス」。先日とうとう量産にメドがついた新型も新型のMRE(携帯食料)版ピザをアフガニスタンに空輸し、現地の将兵達にインタビューを敢行しました。

MREピザは「常温での保存期間3年」という性能と「ピザっぽい味と食感」を両立すべく、アメリカ軍が割と総力をあげて開発したシロモノ。様々な具材やソースを一つの袋の中にまとめ、ベトベトに混じり合ってしまわず、パリっとした食感を維持するため、多大な努力が払われました。
[字幕動画]軍用携帯食料に「ピザ」が採用されるまでの長い長い道のり – DNA

そんなMREピザ、アメリカ軍各軍の将兵達には「まぁ……食べられるかな」「1番じゃないけど好きなMREランキング2位とか3位とかには入るかも」など「食べ物に似た何か(Materials Resembling Edibles)」とまで言われるMREとしてはまずまずマシな評価。

それではピザの故郷であり、出身の宇宙飛行士は宇宙ステーションでピザを焼いてしまうくらいのイタリア出身の将兵の感想はどうだったかというと……

「うん……家庭の味っていうか……ピザっぽいものを目指してピザに似たものに近づいたっていうか……」ギリギリ肯定的な評価。

「(交戦中など)どういう状況で食べるものかっていうことを考えれば……美味しいんじゃないかな」なんとかポジティブな評価。

「っていうかピザといったらビールでしょ」というのがおおよその結論ということでした。

色々な職種の兵士たちがMRE版ピザを食べる表情が見ものの動画はこちらから。
Deployed troops taste test pizza MRE – YouTube

ソース:What does the pizza MRE taste like? Troops try the long-awaited ‘holy grail’ of military rations – News – Stripes

関連記事

[字幕動画]軍用携帯食料に「ピザ」が採用されるまでの長い長い道のり - DNA

アメリカ軍、魂の燃料「ピザ」の携帯用食料向け加工に成功 - DNA

レーザーガイド付きでタクティカル過ぎるピザカッターが発売 - DNA

数学的テクニックを使ってバレることなくピザをつまみ食いする方法 - DNA

ビキニのお尻にピザを撃ちこむと何が発生するのか秒間5000コマのハイスピード撮影で解明した動画 - DNA

国際宇宙ステーションのイタリア人宇宙飛行士のリクエストで無重力ピザパーティが開催される - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧