ネット・PC

子どものために時給35ドルでFPSゲームの家庭教師を雇う親が増えている


ビデオゲームにもプロリーグがある昨今、サッカーや野球と同じように子どもをプロゲーマーにする親がいても不思議なことではないのですが……アメリカではそんなトレンドが生まれつつあるようです。

日本では馴染みがまだまだ薄いものの「プロゲーマー」という存在は増えつつあります。その他スポーツと同じく、プロゲーマーとなって大会で勝利するとそれなりの収入になるので、子どもに「コーチ」をつける親が増えているのだとか。

コーチはSNSで探すのが一般的ですが、最近はゲームのコーチを探せるサイト「Gamer Sensei」も人気。時給15~35ドル(約1700~3900円)くらいでゲームを教えてもらえるそう。

以前は既にプロになっているゲーマーが更に上を目指すためにコーチをつけていたそうですが、こういう「お稽古ごと」的なレベルでも広がっているそうです。

しかしそうしてゲームのエリートとなるべく鍛えられた子どもはこんな感じで年をとっても楽しめるようになるものでしょうか……?なんとなく息苦しい世の中になってきた気がします。
全員オーバー60歳のFPSゲームのチーム「シルバー・スナイパーズ」

ソース:Parents are getting ‘Fortnite’ coaches for their kids – Business Insider

関連記事

半ケツで座るゲーム大会の参加者を見つけてはそっと祈りをささげる男の不思議な画像が話題に - DNA

脳に電流を流して反応速度を高めるゲーマー向けヘッドセット「FOC.US」が発売 - DNA

FPSゲーマーの天敵「3D酔い」を軽減する超カンタンで画期的な方法が発見される - DNA

ゲームに向かってブチ切れるゲーマー達の怒りっぷりを集めたマッシュアップ動画 - DNA

ゲーマーの約1割が普段の生活でゲーム内のサウンドの幻聴を感じたことがある - DNA

ゲームを楽しむことに最適化された世界中のゲーマーたちの部屋の写真いろいろ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧