科学と技術

アメリカが1945年から1962年に行った大気圏内核実験を記録した約500本の機密映像


1945年から1962年までにアメリカが行ったとされる210回にも及ぶ大気圏内核実験の様子を記録した機密映像をローレンス・リバモア国立研究所が公開しています。まさに世界の終わりのような恐怖の瞬間が膨大な量で存在しています。

約500本の大気圏内核実験映像はこちらの再生リストにまとめられています。
LLNL Atmospheric Nuclear Tests – YouTube

これら大気圏内核実験を記録した映像は、数十年もの間厳重に管理された金庫に保管されていた1万本にも及ぶフィルムをスキャンしたもの。

現在約1万本存在しているとされる大気圏内核実験のフィルムの内約6500本が見つかっており、その内の約4200本がすでにスキャン済みであり約750本が機密扱いを解かれていているとのこと。

現在もデータのスキャンや解析は続けられ作業が完了した映像は順次公開されています。

ティーポット作戦 タルク。1955年3月7日。巨大な火の玉のような爆発が記録されています。
Operation Teapot – Turk 28112 – YouTube

ハードタック作戦 ジュニファー。1958年7月22日。キノコ雲が形成される瞬間が記録されています。
Operation Hardtack-1 – Juniper 53070 – YouTube

またアメリカによる1945年の世界初の核実験から21世紀を超えた現在の北朝鮮による核実験まで2000回以上に及ぶ核爆発を世界地図にビジュアル化した映像がこちらです。
1945年から現在までの2000回を超える核爆発を世界地図上にビジュアル化した動画「Trinity」

ソース:Physicist declassifies rescued nuclear test films | Lawrence Livermore National Laboratory

関連記事

1945年から1998年までに発生した核爆発を地図上に表示する動画「1945-1998」 - DNA

兵士達の真上で原子爆弾を爆発させる人体核実験の動画 - DNA

岩盤を掘りぬいた核シェルターを再利用したスウェーデンのデータセンタの内部写真 - DNA

冷戦の終わりまで使われていた旧ソ連の廃墟化した核実験場の写真シリーズ「Dust」 - DNA

フランス空軍のラファール戦闘機による「核攻撃訓練」の一部始終を見られる動画 - DNA

ロシアの戦略ミサイル軍は最終兵器「核ミサイル発射用ハンマー」をもっていた - DNA

勝者なき全面核戦争を再現したゲーム「DEFCON」に臨場感たっぷりのVR版が登場 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧